編集部からのお知らせ

[大規模・屋根上・自家消費]GoodWeパワコンが縦横無尽に活躍中!

パワコン専業メーカーのGoodWeは、高い技術力で自家消費や分散型など時代のニーズに応えている。発売早々に大型案件を次々と受注したモデルに注目だ。

早速メガソーラーへ採用決定
大出力対応と高い安全性能

GoodWeは、蓄エネハイブリッド型パワーコンディショナ市場におけるグローバルリーダーだ。TUV賞を5年連続で受賞した唯一のパワコンメーカーとして知られる。2021年頭に中国本社で発売されたばかりの「HTシリーズ」が、早々と大型案件に採用された。山東省の40MWのメガソーラー発電所だ。

「HTシリーズ」は大規模分散型に適したストリングパワコンで、出力は125kWと185kWの2タイプが揃っている。MPPTあたり30Aの電流をカバーするため、近年主流となっている大出力の太陽光モジュールにも対応できる。また、太陽光モジュール側の直流回路でアーク検出が可能なため、パネル火災を防止する効果が高い。今後ニーズの高まるリパワリングに最適だ。

日本支社も本格稼働
熱いエンジニアを大歓迎!

2020年10月に設立された日本支社GoodWe Japanも、いよいよ本格的な供給を開始する。分散型に最適な「SMTシリーズ」を8月に納品。高圧800MWの野立て発電所で今秋にも稼働を開始する。

新規設置の分散型設置に適した「SMTシリーズ」は、ストリングレベルでMPPTを実施する。発電ロスをしっかり削減すると同時に、アーク検出機能やコネクタ温度測定機能も兼ね備えている。33kWと40kWのラインナップで自家消費にもぴったりだ。

日本でのますますの活躍が予想されるGoodWe Japanでは、エンジニアのメンバーを大募集中だ。カントリーマネージャーの中井久人氏は「GoodWeは日本支社を立ち上げ、新市場への挑戦を始めたばかりです。技術に誇りを持ち、一緒にチャレンジする仲間を大歓迎します」と熱く語る。

商業用分散型パワコン導入事例

屋上設置でありながら1.5MWという大規模な太陽光発電所を支えるのは、自家消費に適したSMTシリーズ。中国・蘇州の案件だ。発電ロスを削減し、自家消費率を高める。

GW33KJP-MT/GW40KJP-MT

新規の分散型発電所にはSMTシリーズがおすすめだ。中規模から大規模の発電所まで幅広く対応する。わずか40kgのコンパクト設計で屋根上設置に適している。


大規模分散型パワコン導入事例

中国・山東省の40MWの野立て発電所。大規模分散型に最適なHTシリーズが採用された。中国本社での発売からわずか半年で獲得した大型案件だ。

GW125K-HT-JP(DC1100V対応)
GW185K-HT-JP(DC1500V対応)

MPPTによる制御で、近年メインストリームになりつつある大出力の太陽光モジュールに対応する。アーク放電の検知による高い安全性能がパネル火災を防ぐ。

PROFILE

GoodWe Japan株式会社 カントリーマネージャー

中井久人氏

問い合わせ

GoodWe Japan株式会社
東京都新宿区西新宿1-20-3 西新宿髙木ビル
TEL:080-3202-2021
E-mail:hisato.nakai@goodwe.com


取材・文:山下幸恵(office SOTO)

SOLAR JOURNAL vol.38(2021年夏号)より転載

Sponsored by GoodWe Japan株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  2. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
  9. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ