注目キーワード

編集部からのお知らせ

【参加無料】5月27日(金)「第22回PVビジネスセミナー」

待望の「リアル会場開催」も復活!「オンライン配信」も同時配信で行う、ハイブリット形式での開催です。カーボンニュートラルな社会へ向けて、社会全体が大きな変化を迎えている今、PVビジネスセミナーでは今回も専門家をお招きし太陽光発電の可能性、業界のビジネス展望について考えます。

今回は「加速化する脱炭素への流れを読む」がテーマ。気になる新制度や業界最新ソリューション、また脱炭素化に向けた業界の動向など、今後のビジネスに役立つコンテンツをお届けいたします。

また待望の「リアル会場開催」も復活!今回はEPC・発電事業者の方に限り、先着50名様を、都内会場に無料ご招待いたします。

これまでと同じく「オンライン配信」も同時配信で行う、ハイブリット形式での開催です。
どちらも無料でご参加いただけますので、皆様、ぜひお気軽にご参加ください!

 

 

● 開催方法
・リアル会場開催 イベントスペース「EBiS303」(恵比寿駅から徒歩約3分) ※先着50名様限定
・オンライン開催

「EPC」「発電事業者」の方はお好きな参加方法をお選びいただけます。

● 参加費
無料 / フォームより事前お申し込み制

● 日時
2022年5月27日(金)
13:00 ~ 18:00頃予定 
※リアル会場ではセミナー終了後、懇親会も予定
※途中参加・退出可能

 

 

今回の見どころ!

☑最新業界動向
☑発電所の資産価値の高め方
☑ 再エネ価値取引の現在地と将来展望
☑ P2P取引が電力取引を変える 
☑ VPP、アグリゲーションビジネス最前線 
☑これからの自家消費市場 
☑業界の最新ソリューションとその活用法  

脱炭素社会の実現に向けて、再生可能エネルギーの取引にも多様な道が拓けてきました。本セミナーではまず、P2P電力取引のプラットフォームをいち早く確立したデジタルグリッドUPDATER(みんな電力)が登壇。FIP制度スタートにより、ますます注目度の高まるアグリゲーションビジネスについて東京電力エネジーパートナーが講演。動き始めた再エネ価値取引市場について経済産業省 資源エネルギー庁が解説します。

また、長引くコロナ禍にあってロシア・ウクライナ情勢の影響も懸念される太陽電池サプライチェーンに関して、資源総合システムがその動向を分析します。加えて、ライセンエネルギーがモジュールメーカーの今後を展望。GoodWe Japan華為技術日本株式会社(ファーウェイ)、が脱炭素促進に向けたソリューションを紹介。アンドパッドが太陽光施工の業務効率化・経営DX推進のための提案を行います。

 

タイムテーブル

※講演内容やタイムスケジュールは変更となる場合がございます。

 

「EPC」「発電事業者」限定! リアル会場無料参加のメリットとは?

・業界トップランナーとの懇親会に “無料” で参加できる!
・登壇者や参加者との名刺交換・情報交換ができる!
・ 直接質問で、さらに業界理解を深めることができる!
・会社の 社員研修、学習機会に最適!


※コロナウイルス流行以前に行った開催会場の様子です
※今回の開催にあたり、主催者では見本市の全期間を通じて新型コロナウィルス感染防止策を講じます。

 

登壇予定者紹介   ※順不同

.
経済産業省 資源エネルギー庁 
電力・ガス事業部 電力基盤整備課 係長

梨本 紫乃



講演『再エネ価値取引市場について』


株式会社資源総合システム
企画部長 首席研究員

貝塚 泉



講演『太陽電池サプライチェーンの動向』

太陽光発電の市場、政策、産業、ビジネスモデルの分析を専門としており、特に海外の再生可能エネルギーの動向に精通している。Strategic PV Analysis & Outreach部会の副代表及び日本代表、またJEMA太陽光発電システム標準化総合委員長ならびに日本太陽光発電学会の理事を務める2017年には、太陽光発電国際会議「特別賞」を受賞。


デジタルグリッド株式会社
代表取締役社長

豊田 祐介



講演『デジタルグリッドプラットフォームによるP2P電力取引』

2012年東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマンサックス証券入社し戦略投資開発部にてメガソーラーの開発・投資業務に従事。
2016年よりインテグラルにおいてPE投資業務。2018年よりデジタルグリッドに創業メンバーとして参画し、2019年7月2日に代表取締役社長に就任。


株式会社UPDATER(みんな電力)
専務取締役 事業本部長

三宅 成也



講演『ブロックチェーンを活用した電力取引の未来〜電力脱炭素推進のカギとなるP2P取引プラットフォーム〜』

関西電力株式会社の原子力部門に13年間勤務した後、ADL、KPMGコンサルティングにてさまざまな業界のコンサルティングを経験。
2016年にみんな電力株式会社に参画し、電力事業の責任者を務める。2021年に再エネ推進新電力協議会(REAP)代表理事に就任。


東京電力エナジーパートナー株式会社
販売本部法人営業部スマートコミュニティ開発グループ 課長

長尾 泰司



講演『電力市場におけるVPP・アグリゲーション事業の位置づけと東電EPの取組状況』

2019年より東京電力エナジーパートナー(株)にて、VPP・DRに関わる企画・開発を担当。
需給調整市場向けの調整力供出に関わるリソースアグリゲーションサービスの企画・開発を中心として、再エネアグリーゲーションの実証事業にも参画中。


GoodWe Japan株式会社
代表取締役

中井 久人



講演『GoodWe Japanの製品と将来の展望』

2021年1月よりGoodWe Japan株式会社の事業を開始、これまでのパワコンの経験と知識を活用し、日本市場から認められるように尽力しています。


華為技術日本株式会社 (ファーウェイ)
デジタルパワー事業本部

渡邊 篤



講演『脱炭素社会促進へ向けたソリューションの創造』

2020年 Huawei Japan(株)入社。
デジタルパワー事業本部に所属し、特に高圧・特別高圧発電所向けPCS、及び各種蓄電池の販売に従事。


ライセンエネルギー株式会社
社長

呉 建鋒



講演『モジュールメーカーの今後の役目』

青山学院大学にて、MBA学位取得。その後大手ITコンサルティング会社で勤務し、会社の海外支社(上海、広州)の立上げ業務を行う。FIT政策の初期から中国大手モジュールメーカーに入社し、営業販売、発電所の開発建設、経営管理業務全般に携わる。2020年にライセンに入社し、今に至る


株式会社アンドパッド
第一事業本部 第三部 2グループ マネージャー

浦上 浩輔



講演『太陽光施工の業務効率化を実現!ANDPADを活用した施工/経営DX』

株式会社アンドパッド入社以降、専門工事会社のICT化を支援。
現在は太陽光企業(ECP、O&M)を担当領域としてマネージャー職に従事しつつ、各社のICT化及び業界全体のDX化に貢献。

.

 

 

 

協賛企業

GoodWe Japan株式会社
華為技術日本株式会社(ファーウェイ)
ライセンエネルギー株式会社
株式会社アンドパッド

 
 

 

参加お申し込みフォーム

本イベントは事前参加登録制です。
下記フォームより、参加ご登録をよろしくお願いいたします。

今回、リアル会場参加は「EPC」「発電事業者」の方に限定させていただきます。
大変恐れ入りますが、他業種の方はオンライン参加にてお楽しみいただけますと幸いです。

※リアル会場参加でお申し込みをいただいた「EPC」「発電事業者」先着50名様に限り、東京都(恵比寿駅近く)の会場の詳細を後日メールにて、ご連絡させていただきます。

<個人情報の取り扱いについて>
ご提供いただきました個人情報は、株式会社アクセスインターナショナル(以下「弊社」)ならびに協賛企業によって運用いたします。弊社・協賛企業のいずれにおきましても、弊社の『個人情報保護方針』に基づいて厳重に管理し、本セミナーの遂行、および弊社・協賛企業からの関連無料研修・セミナーなどのご案内を目的として利用します。なお、ご本人の同意がある場合、または法令に基づく場合を除き、上記以外の第三者へと個人情報を開示・提供することはございません。詳細な個人情報の取扱いについては、弊社の『個人情報保護方針』をご確認ください。
参加お申込みにつきましては、以上の内容をご理解いただき、同意されたものとさせていただきますので、予めご了承下さいませ。

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【参加無料】5月27日(金)「第22回PVビジネスセミナー」
  2. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. ファーウェイの住宅向け蓄電池が人気! 中小施設の自家消費ソリューションに。...
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  9. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  10. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース