業界ニュース

パワーエックス 2024年半ばから水冷蓄電池モジュールの量産化へ

パワーエックスは今年1月、総額95億円の資金調達を実施した。2024年半ばから予定している岡山県の自社工場での水冷蓄電池モジュールの量産に向け、準備を加速させる。

(アイキャッチ 2023年8月に竣工した蓄電池モジュール工場 出典:パワーエックス)

岡山県の工場に
自動生産ラインを搬入

2023年8月に竣工した蓄電池モジュール工場

2023年8月に竣工した蓄電池モジュール工場(出典 パワーエックス)

パワーエックスは、自然エネルギーの普及や蓄電、送電技術の新規事業を展開している。岡山県玉野市の自社工場「Power Base」の製造棟では、水冷蓄電池モジュールの自動生産ラインの搬入を完了し、2024年半ばから予定されている量産に向けた準備が進められている。

新たに調達した95億円は、岡山県の自社工場で、原材料の仕入れや設備投資、そして長期的な事業成長に向けた研究開発費に充てる。パワーエックスは、「これにより優れた蓄電池製品を日本国内で製造する体制を強化することを目指す」としている。

同社は、2023年末より蓄電池製品の出荷・納入を開始している。蓄電池型超急速充電器「Hypercharger」は、これまでに25機以上を自社工場から出荷し、自動車販売店や法人営業所、および同社が運営する公共用充電拠点に設置した。定置用蓄電池「Mega Power」については、2023年12月末に初の顧客納入をしている。

DATA

複数の金融機関から95億円の融資による資金調達を実施


取材・文/高橋健一

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 終了】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  3. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  5. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  6. 【2024年太陽光ビジネス】再エネは「長期安定電源」になる! 事業環境の整備に必須のリパワリング...
  7. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  8. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  9. 【地域共生成功モデル紹介】ゼロカーボンビレッジ創出&市民参加型の取り組み...
  10. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ