製品・サービス

アグリゲーターのニーズに応える、”総合VPPプラットフォームサービス”とは?

テラスエナジー(旧SBエナジー)は、スマートエネルギーウィーク秋2023(9月13日~15日/幕張メッセ)において、総合VPPプラットフォームサービス「ReEra」(リエラ)を発表し、注目を集めた。

需要家側アグリゲーター
/再エネアグリゲーター

ReEraは、需要家側アグリゲーターと再エネアグリゲーターが、それぞれに利用できる総合VPPプラットフォームサービスだ。各種エネルギーリソースを統合制御し、収益の最大化を図ることができるという。

需要家側アグリゲーター向けには、①容量市場発動指令電源対応機能(容量市場発動指令電源区分において、一般送配電事業者からの発動指令に基づき、契約対象の電源を制御するための機能)、②電力量取引機能(小売電気事業者が計画値最適化・収益最大化のために自社の需要家からDRを調達する機能)、③需要側ESSマルチユース制御機能(需要側に設置される太陽光発電設備や蓄電池向けに、機械学習モデルや統計モデルによる各種予測技術と、経済効果を最大化させるマルチユース制御技術をパッケージ化した機能)を搭載。

再エネアグリゲーター向けには、④発電バランシンググループ運用機能(発電側に設置される太陽光発電設備や蓄電池向けに、機械学習モデルや統計モデルによる各種予測技術と、経済効果を最大化させるマルチユース制御技術をパッケージ化した機能)などを装備する。

ReEraが可能にする
エネルギー事業の新境地

ReEraは、それぞれの目的に応じたシステム構成が可能であり、事業所などに設置される自家発電設備や蓄電池などの需要家側エネルギーリソースに加え、再エネ発電設備や系統に併設される蓄電池の統合制御をも実現するものだ。さらに、同社にはVPP構築実証や再エネアグリゲーション実証を通じて培った豊富な知見があり、顧客のVPP事業をサポートするために活かされているという。

「2022年度からのインバランス制度改定に伴う計画値同時同量対策として、VPPやDRを自社の需給管理フローに組み込みたい」、「蓄電池や自家発電設備などの需要家側エネルギーリソースを活用した市場価格高騰対策を検討したい」、「エネルギーリソースを活用した容量市場や卸電力市場などへの入札を通じ、アグリゲーションサービスを提供したい」など、ReEraによって解決される課題は多岐にわたる。


取材・文・写真/廣町公則

関連記事

2017/11/01 | 編集部からのお知らせ

今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. ペロブスカイト太陽電池で日本の「復権」を目指す。官民協議会の1回目を開催!...
  3. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  7. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  8. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 【地域共生成功モデル紹介】地域貢献型システム&脱炭素住宅都市モデル
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ