製品・サービス

ティ・アイ・エスがANDPADで成し遂げた、住宅用太陽光発電の業務改革とは?

住宅用太陽光発電システムの施工・販売を一貫して行うティ・アイ・エスは、大胆な営業方針の転換によって受注件数を拡大中だ。成長を支えるバックオフィスの業務改革について、詳しく話を聞いた。

<目次>
1. 営業スタイルの転換で急成長
2. ペーパーレス化と業務効率化 

 

営業スタイルの転換で急成長
一貫したサービス提供に強み

福岡市で昨年、設立30周年を迎えたティ・アイ・エスは、FA(ファクトリーオートメーション)事業、エコシステム事業、サービス事業という三本柱で事業を展開している。経営を多角化するため、約20年前に住宅用太陽光発電システムを販売・施工するエコシステム事業を始めた。当初、既存住宅をターゲットに訪問販売を行っていたが、FIT制度の開始前年に業態を転換。工務店などのハウスビルダーが新築住宅を提案する際に、同社の太陽光発電システムを組み込む営業スタイルにシフトした。これによって太陽光発電システムの受注件数が飛躍的に拡大。累計の施工件数は約5000件に上る。

営業部門・工事部門・業務部門で構成されるエコシステム事業部。三位一体のチームワークの良さと高い行動力で顧客のニーズに応える。

新築住宅の着工件数は全国的に減少しているが、九州北部で事業を営む同社は、1年間に約1000件の新規受注を獲得している。その秘訣(ひけつ)について、取締役エコシステム事業部長の平川裕介氏は「太陽光発電システムの提案から、施工、各種申請までの一貫したサービスを提供するにあたって、現場と事務所のコミュニケーションを大切にしています」と話す。

 

ペーパーレス化と業務効率化
組織を拡大する判断が可能に


「ANDPAD見た?」が合言葉になっています

住宅用太陽光発電システムの申請では、膨大な書類を管理しなければならない。受注件数の増加に伴って、事務所のキャビネットはファイルで埋め尽くされていった。また、本社のサーバーに社外からアクセスできず、現場のメンバーが不明な点を電話で問い合わせることも多かった。現場のメンバー・総勢20名からの電話対応に追われていたという。

そこで、同社はクラウド型の建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を導入。施工マニュアルなどをアップロードして現場でも確認できるようにした。これによって、電話対応の時間が大幅に削減された。写真の管理、連絡ツールなどもANDPADに一元化したことで、部署間の情報共有や、各種申請書類の作成・管理もスムーズになった。ペーパーレス化もでき、書類を保管するスペースの懸念も払拭できたという。「さらに受注を伸ばすため、ANDPADでの稼働管理も予定しています。ANDPADによるDXに取り組んだことで、新規採用をする経営判断につながりました」と、平川氏は笑顔で展望を語った。

 

住宅用太陽光発電事業の複雑な業務
ANDPAD活用でこう変わった!

PROFILE

 

株式会社ティ・アイ・エス
取締役 エコシステム事業部長

平川 裕介氏


九州北部エリアを中心として、住宅用太陽光発電システムの販売から施工、各種申請まで一貫して行うのが同社の強みだ。

 

問い合わせ


 
株式会社アンドパッド
東京オフィス:東京都千代田区神田練塀町300 住友不動産秋葉原駅前ビル8階
TEL:03-6831-4551


取材・文:山下幸恵(office SOTO)
写真:鍋田広一(パンフィールド)

SOLAR JOURNAL vol.49(2024年春号)より転載

Sponsored by 株式会社アンドパッド

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【終了】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  5. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  6. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  7. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  8. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  9. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  10. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ