注目キーワード

政策・マーケット

【最新】前年比87%に減少!? 太陽電池出荷統計をJPEAが公表

太陽光発電協会(JPEA)が、2017年度第3四半期の太陽電池出荷統計を公表。これまでと比較して、業界の市場動向はどのように変化しているのか? 最新の結果に注目だ。

JPEAが太陽電池出荷統計の
最新版を公表

一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)が集計する、太陽電池の出荷統計。その最新版として、2017年度第3四半期にあたる、2017年10月~12月の結果が公表された。

今回の調査によると、2017年度第3四半期における太陽電池モジュールの総出荷量は1,499MWで、第2四半期を若干上回るものの、前年同期比で見ると87%に減少している。

セルの総出荷量は393MW(前年同期比70%)、モジュールの国内出荷量は1,327MW(同82%)と、いずれも前年同期を下回ったが、海外への出荷は171MW(同179%)で第2四半期、前年同期よりも増加する結果となった。

国内外企業の
出荷・生産対比は?

モジュール総出荷量のうち、日本企業は900MW(同98%)でほぼ前年同期並みになったが、外国企業は599MW(前年同期比75%)と前年同期を下回っている。

「日本企業:外国企業」の出荷比は「60:40」、「国内生産:海外生産」の比は「34:66」で、第2四半期及び前年同期並みだった。

また、用途別で見ると住宅用途は309MW(前年同期比102%)だったが、全体の8割を占める非住宅が1,018MW(前年同期比77%)と前年同期を大幅に下回った。非住宅用途の内訳は一般事業用途399MW(前年同期比85%)、発電事業用途619MW(同73%)という結果となった。

FIT価格低下の影響を受け、市場が大きく変わり始めている太陽電池。今後の動向にも注意が必要だ。

問い合わせ

一般社団法人太陽光発電協会 統計委員会

〒105-0004 東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル8階
TEL:03-6268-8544

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  4. 2020年はコロナによる影響も? 世界の太陽光発電導入量に関する見通し
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  7. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?...
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース