政策・マーケット

【最新】前年比87%に減少!? 太陽電池出荷統計をJPEAが公表

太陽光発電協会(JPEA)が、2017年度第3四半期の太陽電池出荷統計を公表。これまでと比較して、業界の市場動向はどのように変化しているのか? 最新の結果に注目だ。

JPEAが太陽電池出荷統計の
最新版を公表

一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)が集計する、太陽電池の出荷統計。その最新版として、2017年度第3四半期にあたる、2017年10月~12月の結果が公表された。

今回の調査によると、2017年度第3四半期における太陽電池モジュールの総出荷量は1,499MWで、第2四半期を若干上回るものの、前年同期比で見ると87%に減少している。

セルの総出荷量は393MW(前年同期比70%)、モジュールの国内出荷量は1,327MW(同82%)と、いずれも前年同期を下回ったが、海外への出荷は171MW(同179%)で第2四半期、前年同期よりも増加する結果となった。

国内外企業の
出荷・生産対比は?

モジュール総出荷量のうち、日本企業は900MW(同98%)でほぼ前年同期並みになったが、外国企業は599MW(前年同期比75%)と前年同期を下回っている。

「日本企業:外国企業」の出荷比は「60:40」、「国内生産:海外生産」の比は「34:66」で、第2四半期及び前年同期並みだった。

また、用途別で見ると住宅用途は309MW(前年同期比102%)だったが、全体の8割を占める非住宅が1,018MW(前年同期比77%)と前年同期を大幅に下回った。非住宅用途の内訳は一般事業用途399MW(前年同期比85%)、発電事業用途619MW(同73%)という結果となった。

FIT価格低下の影響を受け、市場が大きく変わり始めている太陽電池。今後の動向にも注意が必要だ。

問い合わせ

一般社団法人太陽光発電協会 統計委員会

〒105-0004 東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル8階
TEL:03-6268-8544

関連記事

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース