注目キーワード

政策・マーケット

世界初! “走行しながらEV充電”できる道路がスウェーデンで開通

世界で初めて、走行しながらEVバッテリーの充電ができる電気道路が開通した。既存道路にも導入可能で、EVの普及拡大を後押ししてくれそうだ。

アイキャッチ:©eRoadArlanda

運転中でもEV充電!?
世界初の”電気道路”

スウェーデンの首都ストックホルム近郊で、2018年4月、電気自動車(EV)のバッテリーを走行中に充電できる電気道路が世界で初めて開通した。

この道路には送電網とつながったレールが敷設されており、EVに装着した可動式アームがこのレールと接触することでエネルギーが移動し、車両のバッテリーを充電する仕組み。既設道路にも短期間かつ低コストで導入でき、様々なEVの充電に利用できることからニーズが見込まれている。

©eRoadArlanda

DATA

eRoadArlanda


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

2019/01/07 | 政策・マーケット

CO2削減に向け、実現すべきは「EV100%」

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 業界初! ソーラージャーナル主催 「オンライン展示会&カンファレンス」開催中!...
  3. 雑草対策の切り札「防草シート」の性能を支える施工品質へのこだわりとは?...
  4. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  5. 開催中!アフターコロナの太陽光市場がわかる「PVビジネスセミナーONLINE」...
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 2020年はコロナによる影響も? 世界の太陽光発電導入量に関する見通し
  8. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  9. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  10. 「発電側基本料金」、FIT買取中でも価格上乗せ 小売との相対で調整

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース