政策・マーケット

世界初! “走行しながらEV充電”できる道路がスウェーデンで開通

世界で初めて、走行しながらEVバッテリーの充電ができる電気道路が開通した。既存道路にも導入可能で、EVの普及拡大を後押ししてくれそうだ。

アイキャッチ:©eRoadArlanda

運転中でもEV充電!?
世界初の”電気道路”

スウェーデンの首都ストックホルム近郊で、2018年4月、電気自動車(EV)のバッテリーを走行中に充電できる電気道路が世界で初めて開通した。

この道路には送電網とつながったレールが敷設されており、EVに装着した可動式アームがこのレールと接触することでエネルギーが移動し、車両のバッテリーを充電する仕組み。既設道路にも短期間かつ低コストで導入でき、様々なEVの充電に利用できることからニーズが見込まれている。

©eRoadArlanda

DATA

eRoadArlanda


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

2019/01/07 | 政策・マーケット

CO2削減に向け、実現すべきは「EV100%」

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 全国の自治体から注目が集まる! サングロウの蓄電池システムで「自家消費」&「BCP対策」...
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース