政策・マーケット

ピークシフトで再エネを守れ! 電気の利用を促す「上げDR」って?

LooopとENECHANGEの協業による、家庭向けデマンドレスポンスの新しい試み、日本初の「上げDR」キャンペーンが始まる。再エネ発電量の多い時間帯に、積極的に電気を使うことで、"出力抑制"を回避することが可能になる!?

再エネ発電量に合わせて
電気の使い方を変える

新電力のLooopとエネルギーマネジメントのENECHANGEは3月19日、家庭向けデマンドレスポンス(DR)の新規キャンペーン『Looop DR~おひさま大作戦~』を実施することを発表した。

DRとは、電力の需給バランスをとるために、需要家(消費者)側の電力を制御すること。両社はこれまで、電力需要が高まる夏冬に”節電”を促すDRキャンペーンを行ってきたが、今回発表されたのは、これとは逆に“電気の積極的な利用”を促すDRキャンペーンだ。家庭向けのこうした取り組みは、日本初となる。

キャンペーン実施期間は、4月19日から5月19日の1ヶ月間。この時期は、冷暖房の必要がないことなどから、電力の消費量(需要)が発電量(供給)を下回ることが多い。つまり、電気が余ってしまうのだ。こうしたケースも、需給バランスが狂うことには違いなく、電気が足りない場合と同様に電力系統に支障をきたす。そのため発電量を減らすか、消費量を増やして、バランスをとる必要がある。太陽光発電の”出力抑制”が行われるのもこのためだ。

Looopの小嶋祐輔氏(戦略本部本部長・電力事業本部本部長)は、今回の取り組みの意義を次のように述べる。

「太陽光発電など再生可能エネルギーの発電量が伸びる春は、需要の多くの割合を再エネ電源で賄えているが、発電量が電力需要量を超えてしまうことにより、再エネの発電量を抑制する必要も出てくる。電力需要を引き上げることで、出力抑制を回避し、再エネをお得にご利用いただけるようにしていきたい」。


おひさま大作戦について熱く語るLooopの小嶋祐輔氏。

 

昼間の積極的な電気使用を
前日のメールで指令

節電により電力需要を下げるDRが「下げDR」と呼ばれるのに対し、電気を積極的に使って需要を引き上げるDRは「上げDR」と称される。

電気を使うといっても無節操に消費するということではなく、発電量の増える時間帯(昼間)に電気を使うということであり、その他の時間帯はその分電気を使わないということでもある。

つまり、「上げDR」とは、電気使用のピーク時間帯をずらすこと(ピークシフト)とイコールなのだ。例えば、夜間に洗濯機を回していた家庭なら、これを昼間に行うようにすれば「上げDR」になる。


出典:ENECHANGE

上げDRキャンペーン『Looop DR~おひさま大作戦~』では、電気を積極的に使うべき時間帯を「おひさまタイム」と命名。その具体的な時間帯は、電力の需給状況などをもとに、毎日変更される。需給バランスが適正な日には、「おひさまタイム」は発生しない。「おひさまタイム」がある場合は、前日にメール配信で参加者に通知される。


直前10日間(平日の場合。土日祝日の場合は6日間)の同時刻から算出された使用量(ベースライン)から、追加された使用量が「増加使用量」とされる。※上記おひさまタイムは目安。 出所:Looop

参加者のメリットとしては、上げDRの量(「おひさまタイム」に増加した電気使用量)に応じたインセンティブがある。増加使用量1kWhあたり5円をアマゾンギフト券で還元するというものだ。さらに、増加使用量を参加者同士で競わせ、上位者にはプレゼント(アマゾンギフト券5万円分など)も用意される。両社は、「キャンペーンをゲーム感覚で楽しんでもらうことで、DRという取り組みを広めていきたい」のだという。

DRの普及は、日本全体にとっても大きなメリットがある。ENECHANGEの城口洋平氏(代表取締役会長)は、「スマートメーターのある全世帯(約8000万世帯)がデマンドレスポンスに参加すると、原子力発電所3分の1基分の電力量および年間140億円の経済価値が生まれる」と話す。


デマンドレスポンスについて解説するENECHANGE代表取締役会長の城口洋平氏。

ENECHANGEとLooopの取り組みを通して、まずはDRの認知度がアップすることを期待したい。

<『Looop DR~おひさま大作戦~』の概要>
【対象者】
Looopでんき(おうちプラン、ビジネスプラン、動力プラン)のユーザーで、マイページで応募された方、先着1,000名(申込みは4月5日まで)
【エリア】
Looopでんきが提供する全エリア(エリアごとの系統状況によるため、エリアによっては発動しないことがある)※沖縄離島を除く
【報酬】
おひさまタイムの増加使用量×5円/kWhをアマゾンギフト券で還元(さらに上位者報酬として、1位:アマゾンギフト券5万円分、2位:同4万円分、3位:同3万円分、4位:同2万円分、5位:同1万円分)


出典:Looop


取材・文/廣町公則

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース