注目キーワード

政策・マーケット

【2021年度FIT】早めの電子申請が吉! FIP前年で駆け込み申請が殺到か

資源エネルギー庁は6月21日、FIT制度の2021年度中の認定について、新規・変更の申請期限を改めて通知した。2022年4月から市場連動型のFIP制度が新たに始まるため、期限間近に申請が集中することを想定したものだ。

エネ庁がFIT申請期限を再通知
早めの電子申請がスムーズ

固定価格買取(FIT)制度の太陽光発電の新規・変更認定申請期限日は、10kW未満の場合が2022年1月7日まで、10kW以上の場合が2021年12月17日までとなっている。いずれも電子申請が原則とされており、紙申請のケースでは手続きに時間を要すると予想されるため、早めの申請を促している。なお、紙申請の持参による提出は認められていない。

風力や水力、地熱やバイオマスの申請期限日やその他の注意点については、資源エネルギー庁ウェブサイトを確認してほしい。(参照:資源エネルギー庁『2021 年度中の FIT 認定の申請にかかる期限日について(お知らせ)』)

2022年度また下がる買取価格
1MW以上の太陽光はFIP開始

2022年度のFIT買取価格は、住宅用で2021年度から2円安い17円/kWh、事業用でも50kW未満が11円/kWh、50kW以上250kW未満が10円/kWhと1円ずつ引き下げられることが決まっている。2021年度の認定に間に合わせようと、期限間近に申請が殺到することが容易に想像できるため、早めの申請を心がけたい。

2022年度から始まるFIP(フィード・イン・プレミアム)制度とは、市場価格にプレミアムを上乗せする売電形式だ。これまでのFIT制度による固定価格と異なり、市場価格によって売電価格が変動する。FIP制度の対象となるのは1,000kW以上の太陽光発電。50kW以上1,000kW未満については、FITとFIPとの選択制となる。

DATA

資源エネルギー庁:2021 年度中の FIT 認定の申請にかかる期限日について(お知らせ)


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 太陽光発電、導入量米国No.1! カリフォルニア州の注目制度、CSIとは
  8. 改正温対法の「ポジティブゾーニング」とは? 許認可をワンストップとする特例も...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース