注目キーワード

スマート関連

「体力」を「電力」に――。“系統連系”できる自家発電型フィットネスバイク

コロナ禍の長期化を受けて、自宅などで運動を楽しむ機運が高まる中、ペダリングで生まれる運動エネルギーを電力に変換する自家発電型フィットネスバイクを開発・提供する企業がある。風況観測機器の開発・販売などを手掛けるインター・ドメイン(神奈川県横浜市)だ。

運動エネルギーを電力へ変換
配電線に系統連系

「体力発電」は自宅や公共施設、スポーツクラブの配電線に系統連系。利用者がペダリングすると、「体力発電」そのものの省電力・省エネが実現する。また変換した電気をスマホやタブレット、パソコンに充電することも可能だ。

デザインはフィットネスバイクと、ヨーロッパの上質な材料を用いたベンチという2つのタイプを展開。ベンチのタイプは再生可能エネルギーや健康・運動への関心を呼ぶ広告として、そしてオブジェクトとしても活用できるだろう。

例えば、「体力発電」で約3分間ペダリングすると、温水シャワー約1回分の電力を生み出すことができる。約1時間のペダリングなら、70Wほどを発電できる計算で、地上デジタルテレビの視聴なら約50分間、扇風機なら約1時間20分の使用が可能だという。

“発電量”を比べながら
SNSなどで自由に競争

「体力発電」は個人やグループの単位で、発電量を指標に、楽しみながら競争することができる。発電量はインターネットでリアルタイムでモニターでき、遠隔地から競争に参加することもできる。過去のログ(データ記録)に基づいて、1日単位や1週間単位でも運動(発電)量を競うことも可能だ。

また、会員制交流サイト(SNS)などで仲間を募った自由競争や、運動量のリレーや道路を想定したロードゲームなどにも発展することも可能。ペダリング(発電)中にモニター上に衣類などのスポーツ用品や食品・ドリンクといった広告を表示できる。

エクササイズで発電できる「体力発電」は、人と地球に優しい画期的なフィットネスマシンといえるだろう。

※「体力発電」はインター・ドメイン株式会社の登録商標

DATA

インター・ドメイン株式会社


文:山村敬一

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  3. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  4. 急拡大する地熱発電、「日本のポテンシャルは世界3位」海外研究機関が太鼓判...
  5. 9月13日(月)Zoom開催決定! 太陽光のアセスメントを考える「PVビジネスセミナー」...
  6. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...
  10. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース