注目キーワード

太陽光発電

世界発初飛行は2018年、太陽光発電で宇宙旅行が実現!?

民間人も参加できる宇宙旅行が現実味を帯びて久しいが、この度スイスのプロジェクトチームが太陽光発電を利用した成層圏への旅の計画を発表。燃料を使わないエコエネルギーを使った宇宙旅行の実現も近い?

太陽光のみ、燃料は一切不要
宇宙を間近に感じる旅へ

昨年7月、太陽光発電を利用した飛行機で世界初の世界一周を達成したスイスのプロジェクトチームが、今度は同様の飛行機で成層圏への到達を目指すことを発表した。

全長8.5メートル、翼長25メートル、重さ450キログラムの二人乗り「SolarStratos(ソーラーストラタス)号」には、両翼の上に合計22平方メートルに及ぶソーラーパネルが搭載されており、燃料は一切使わず太陽光発電のみで飛行することが出来る。

最高到達高度は2万5千キロで、大気層の上にある成層圏(高度1万~5万キロ)に到達することが可能だという。

 

2018年の初飛行を目指す計画
宇宙旅行の新たな選択肢に?

Mission SolarStratos(ミッション・ソーラーストラタス)と名付けられた今回の計画では、成層圏まで約2時間、上空での滞在時間約15分、そして地上まで3時間の合計約5時間のフライトが予定されている。

テスト飛行は既に今月からスタートされ、来年2018年には世界初の試みとしての実現を目指している。

既に民間人も参加できる宇宙旅行の計画が数社によって進行中だが、私たちも参加でき、かつ地球にも優しい太陽光発電を利用した飛行機での宇宙への旅も、そう遠くない未来に実現されそうだ。


文/エギザバル貴保

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  3. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  4. 太陽光発電設備が水害にあったら? 豪雨への備えは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 最新情報を施工管理アプリANDPADで共有・連携! 管理件数と粗利率を同時にアップ!...
  8. 今、電気料金の「値上げ」を認めるべき理由
  9. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  10. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース