太陽光発電

配電系統モデルに地理情報を追加、早稲田大学が公開

2017年10月11日、早稲田大学の研究グループが、地域特性を都市規模で捉えた汎用的な配電系統モデルを国内外で公開した。東京電⼒パワーグリッド・中部電⼒・関⻄電⼒などが運⽤する実配電線データを活用することで、地理的事情を踏まえた電力シミュレーションが可能になった。

実配電線データを模擬した
汎用的な配電系統モデル

2017年10月11日、早稲田大学スマート社会技術融合研究機構の研究グループは、地域特性を都市規模で捉えた汎用的な配電系統モデルを国内外で公開した。

東京電力PG、中部電力、関西電力など、各電力会社が測定した実配電線の電力消費データ(一般家庭、コンビニエンスストア、ビルなど)から人々の消費用途や電力消費カーブを推定することで、地域それぞれの特性を踏まえた配電系統モデルの構築に成功したのだ。

配電系統に地理情報を付与したことにより、雲の移動に伴う日射情報変化や、電力負荷となる電気自動車の移動などを想定した解析が可能になり、太陽光発電等により生じる課題を時空間的、多面的に解析できるようになった。

「今回構築・公開した配電系統モデルは、エネルギー管理システム(EMS)を定量的に評価するための汎用的な計算シミュレーションプラットフォームとしての役割を果たします。本モデルを国内外に公開することで、各研究機関が需要家の実態に即した大規模(都市規模)シミュレーションを同一条件で行うことが可能になります。」(同研究グループ)

今後の運用に期待が高まる。

問い合わせ

早稲田大学スマート社会技術融合研究機構
詳細はこちら

  • 関連記事

    アクセスランキング

    1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
    2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
    3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
    4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
    5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
    6. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
    7. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
    8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
    9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
    10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

    フリーマガジン

    「SOLAR JOURNAL」

    vol.27 / ¥0
    2018年10月31日発行

    お詫びと訂正

    ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース