太陽光発電

JPEA発表 気になる太陽電池モジュールの出荷量は?

太陽光発電協会(JPEA)が集計する、太陽電池モジュールの出荷統計。その最新版として2017年12月度の情報が公表された。

太陽光発電協会(JPEA)は、2017年12月度の「太陽電池モジュールの出荷量」を公表。そのデータから、日本における太陽電池モジュールの総出荷量が減少していることがわかった。

データによると、2017年12月度の太陽電池モジュール総出荷量は547,450kW、前年同月比91%に減少。さらに、この調査が開始された2014年10月度と比較すると85%にまで落ちており、この数年の間に需要低下が進行していることが明らかになった。

2018年度のFIT価格引き下げにより、さらなる影響も懸念される。今後の動向に注意が必要だ。

DATA

太陽光発電協会(JPEA)「太陽電池モジュールの出荷量」

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  3. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  8. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース