注目キーワード

太陽光発電

ジンコソーラーがSMBCらとシンジケートローンを締結

ジンコソーラージャパン株式会社が資金調達を目的に、コンソーシアムと20億円のシンジケートローン契約を締結したことを発表。

太陽光パネルのトップメーカーであるジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、NYSE: JKS)は7月13日、同社の日本法人であるジンコソーラージャパン株式会社が、その運転資金の調達を目的に三井住友銀行(SMBC)が幹事を務める銀行コンソーシアムとの間で期間を1年とする総額20億円のシンジケートローン契約を締結したことを発表した。コンソーシアムは、SMBCの他、みずほ銀行、中国工商銀行(ICBC)東京支店、NECキャピタルソリューション株式会社から構成される。
ジンコソーラーのチャーリー・ツァオ最高財務責任者(CFO)は、「日本における資金調達の実現により、日本市場でのよりいっそうのビジネス拡大が可能となります。」と契約の意義を強調した上で、「日本のメガバンクからの高い評価により、日本における当社のブランドや事業運営に対して、お墨付きを頂いたと認識しております。SMBCをはじめとする日本現地の銀行との関係強化を通じて、日本での事業の拡充を希望しております」と展望を述べた。

(PR)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  5. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  6. “おうち時間は再エネで” 再エネ新電力に切り替えよう!
  7. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  8. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  9. ファーウェイの住宅用パワコンと蓄電池がJET認証を取得。国内販売をスタート!...
  10. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース