太陽光発電

ジンコソーラーがSMBCらとシンジケートローンを締結

ジンコソーラージャパン株式会社が資金調達を目的に、コンソーシアムと20億円のシンジケートローン契約を締結したことを発表。

太陽光パネルのトップメーカーであるジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、NYSE: JKS)は7月13日、同社の日本法人であるジンコソーラージャパン株式会社が、その運転資金の調達を目的に三井住友銀行(SMBC)が幹事を務める銀行コンソーシアムとの間で期間を1年とする総額20億円のシンジケートローン契約を締結したことを発表した。コンソーシアムは、SMBCの他、みずほ銀行、中国工商銀行(ICBC)東京支店、NECキャピタルソリューション株式会社から構成される。
ジンコソーラーのチャーリー・ツァオ最高財務責任者(CFO)は、「日本における資金調達の実現により、日本市場でのよりいっそうのビジネス拡大が可能となります。」と契約の意義を強調した上で、「日本のメガバンクからの高い評価により、日本における当社のブランドや事業運営に対して、お墨付きを頂いたと認識しております。SMBCをはじめとする日本現地の銀行との関係強化を通じて、日本での事業の拡充を希望しております」と展望を述べた。

(PR)

関連記事

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  5. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  9. 【FIT抜本見直し概要】地域活用電源に関する制度の在り方はどうなるのか。...
  10. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース