太陽光発電

ネクストエナジー、中国大手電池メーカーCATLと業務提携 「TPOモデル」推進へ

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社が、中国の大手電池メーカーとの業務提携を発表した。TPOモデルの普及拡大とあわせて、蓄電池のトータル導入コストを下げる方針だ。

画像:ネクストエナジー 伊藤敦社長(左)と、CATL 谭立斌CCO(右)

 

TPOモデルを普及拡大し
蓄電池の導入コストを削減

2019年7月25日、太陽光発電システムの販売・施工を行うネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(以下、ネクストエナジー)は、世界最大手電池メーカーのContemporary Amperex Technology Co., Limited(以下、CATL)と蓄電池の開発・販売における業務提携を結んだことを発表した。

今回の提携における最大の目的は、太陽光発電の「TPO(第三者所有)モデル」の推進だ。



近年、日本ではFIT制度を利用しない”自家消費型”の太陽光発電が普及し始めている。そこで注目されているのが、需要家の初期費用なしでTPO事業者が屋根上に太陽光発電設備を設置し、その発電電力を需要家に供給する「TPOモデル」だ。


TPO(第三者所有)モデルのイメージ図 引用:ネクストエナジー記者発表資料

 

提携した両社が目指すのは、①TPOモデルに特化した蓄電池システムを開発し、規格統一による製造コストを削減すること。そして、②TPO事業者を通じて効率的に製品を普及し、流通コストを削減すること の大きく2つだ。


両社が今後実現を目指すTPOモデルスキーム 引用:ネクストエナジー記者発表資料

 

世界最大手サプライヤーと
トータル導入コスト3/4減目指す

CATLは、車両用蓄電池販売において世界No.1の実績を持つ、最大手のバッテリーサプライヤーだ。電気自動車分野ではすでにトヨタやホンダといった主要自動車メーカーと提携しており、今後は定置型向けの蓄電池市場も拡大していく考えがある。その戦略において、日本を非常に重要な地域と位置付けているという。



都内で開かれた記者発表で、ネクストエナジー社長・伊藤敦氏は「信頼性や供給量、コスト面などを総合的に検討して、我々からCATLにアプローチしました」と、今回の提携について説明。

また、CATLのCCO・谭立斌氏は「ネクストエナジーはPVの知見が豊富で、チャネル開拓に強いことが提携の重要なファクターとなりました。互いのメリットを合わせ、蓄電池産業の発展に力を入れていきたい」と語った。

製品の発売は1年後を見込んでおり、実現すれば、蓄電池のトータル導入コストは従来の1/4程度になるという。今後の動向に注目したい。

※SNEリサーチ調べ

 

DATA

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社
・Contemporary Amperex Technology Co., Limited

関連記事

アクセスランキング

  1. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  9. 11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. アフターFITの世界で輝く「再エネの価値」とは?
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース