太陽光発電

化石燃料依存の脱却へ! 世界初の洋上浮体式太陽光発電所「ソーラーシー」とは

オーストリアの太陽光メーカー、スイムソル社による世界で初めての洋上浮体式太陽光発電、「ソーラーシー」のプロジェクトが進行中! 高さ1.5mの波、時速100kmの風、熱帯性気候などに耐えられるという。

化石燃料依存からの脱却に向けた
1つの解決策に

太陽光が潤沢に降り注ぐ南洋上を、そのまま太陽光発電所にしてしまうプロジェクトが進行中だ。オーストリアの太陽光メーカー、スイムソル社による世界で初めての洋上浮体式太陽光発電「ソーラーシー」である。

ソーラーシーは、ウィーン工科大学および独フラウンホーファー研究所とスイムソル社が4年以上にわたる共同研究を行い開発。高さ1.5mの波、時速100kmの風、熱帯性気候などに耐えられる縦横各14mの浮体式プラットフォームに24kWのマリングレード太陽光パネルを備え、耐用年数は30年。同じ地理的条件の屋上設置式パネルより、水による冷却効果と水面の光の反射により出力が5~10%高いのも特徴だ。2014年から常夏の島国モルディブで運用が開始され、2019年6月には、スイムソル社の第三者割当増資を大和証券グループの1社が引き受けたことが発表された。



現在、モルディブではエネルギー供給のために多量のディーゼル燃料が消費され、GDPの25%を燃料輸入が占めている。財政、物流、環境面で負担となっている化石燃料への依存を、太陽光を由来とした持続可能なエネルギーへ代替できれば、同国にとって悲願となる。ソーラーシーは、海洋リゾート産業の自然負荷を軽減する、1つの解決策を示している。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.30(2019年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?
  4. 世界初、植物の光合成で大気を浄化! UK発の「バイオソーラーリーフ」って?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. アフターFITの世界で輝く「再エネの価値」とは?
  8. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース