太陽光発電

自家消費の実例レポート! バッテリー活用で、災害に備えた安心な暮らし方

蓄電池やクルマのバッテリーを使って、自家消費できる能力を高める。太陽光から生み出す電気で災害にも備える先進的なご家庭を取材。

EVのバッテリーを最大活用
災害時も安心な暮らしを実現

2018年12月に滋賀県で新築住宅を購入した松村さんご夫婦。住宅の購入とあわせて電気自動車も購入し、EV生活も同時にスタートさせました。

夫婦お二人でお住まいのこの住宅の特徴は、太陽光パネルだけでなく、蓄電池も活用し、さらに、クルマのバッテリーも活用できるところ。

押し入れ内には4kWhのコンパクトな蓄電池を設置。太陽光パネルで発電した電気をためておくことができます。

夫の大樹さんは、祖父のご実家で太陽熱を利用していたこともあって、以前からクリーンなエネルギーに興味をお持ちでした。「家を建てるなら太陽光パネルは載せたいと思っていました」(大樹さん)。

住宅の購入を検討し始めたときには、クルマのバッテリーを住宅で使う「V2H」システムのことはご存知なかったそうですが、この住宅には、ニチコン製のV2Hシステムが導入されています。



日中に屋根で発電した電力の余剰分を売電し、日没後は23時まで、容量4kWhの蓄電池から自宅の使用電力をまかなっています。蓄電池を残量30%まで使い切った場合には、クルマの電気を住宅へ送電。23時から翌朝7時までは、割安な深夜電力を使って、蓄電池やクルマへの充電を行っています。

太陽光パネルの発電状況やEVの充電状況は室内モニターでチェック。住宅からEVへ、またEVから住宅へ、電気の流れを賢くコントロール。

日々の通勤に使っている日産の新型リーフは、バッテリー容量40kWh。ガソリン代の支払いがなくなっただけでなく、「ガソリンスタンドに寄る必要もなくなって、むしろ便利になりました」と、大樹さんは満足の様子。もしもの災害時には、クルマの大容量バッテリーから住宅へ送電することもできるので安心です。

V2Hスタンドを使って自宅でEVに充電。太陽光で生み出した電気を有効活用しています

お二人とも化学系メーカーにお勤めの松村さんご夫婦は、建築物の構造にも理解が深く、複数の住宅メーカーの工場を訪れて、十分な比較検討を行ったそうです。

「どんな構造で作られているのか、気になってしまうんですよね(笑)」と語るのは、妻の佳央里さん。セキスイハイムを選択されたのは、その構造の強度に納得したからだそう。

「阪神淡路大震災や熊本の地震など、災害に強い住宅であることも、選択の大きな理由になりました」(大樹さん)。



固定価格買取制度による売電プランについてもしっかりと勉強。買取期間が20年になることを考えて、住宅に搭載したパネル容量は11kW超えです。

オール電化にしたことで、割高だったプロパンガスの支払いがなくなり、発電量が多い月には、しっかりと黒字になっています。

パソコンで発電量と売電金額をチェック。

自然エネルギーを活用して、日々を快適かつリーズナブルに、そして災害に強い生活へ。未来に備えた新しい暮らし方が始まっています。

パワーコンディショナなどは壁面に設置。

DATA

日産リーフ( バッテリー容量40kWh)
太陽光パネル 合計出力 11.02kW
パワーコンディショナ「トライブリッドパワコン」(ニチコン製)
ニチコン製蓄電池 容量 4kWh
ニチコン製V2Hスタンド



撮影/井ひろみ
取材協力/ニチコン株式会社、積水化学工業株式会社

SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース