注目キーワード

太陽光発電

世界で30GW以上の発電所を運用 Skytronの監視システム、「予防保守」に注力

FITの抜本的見直しや住宅用の卒FITを控え、日本市場に新しいトレンドが芽生え始めつつある。SkytronのGlobal Sales HeadであるStephan Raulin氏は、日本市場の将来をどのように見ているのだろうか。

エラー発生前に異常を検出する
「予防保守」が主流に

我々スカイトロンは、1977年に創業し、公共事業の3つの異なる市場に向けたソフト、ハードの両面からソリューションを提供してきました。さらなる発展を求め、2018年には米再生可能エネルギーソリューション企業ALSO Energyグループと合併しました。当社は長年にわたり多くの再エネ事業に関わってきました。例えば、インバータを開発したり、太陽光と風力のハイブリッド発電所に向けた監視・制御ソリューションを提供したりしてきました。

2002年頃の市場の成熟に伴い、私達は監視制御システム「SCADA」に注力することを決めました。そして日本やインドを拠点に置き、世界に拡大していったのです。現在では、世界で30GW以上の発電所を運用しているのが最大の成果です。特にドイツでは135MWの発電所を様々なレベルで制御し、4つの異なる発電所を1つのシステムで制御しています。

私達の長所は、監視システムからO&Mに至るまで、発電事業に関する全てに対応できることです。そうして円滑かつ安心な発電所運営を実現します。当社ではエラー発生前に以上を検知する「予防保守」に注力しています。発電所のダウンタイムを削減し、お客様の最大限の利益を追求し続けます。



PROFILE

Skytron
Global Sales Head

Stephan Raulin氏


SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 4月27日、zoom開催決定!太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  5. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新
  10. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース