太陽光発電

日本に数社の最新検査機が太陽光のメンテを変える!

約500件の点検実績
発電事業に安心を提供

太陽光発電システムがメンテナンスフリーと言われていたのは、過去の話。当初に描いた計画通りの発電事業を実現するには、メンテナンスが不可欠だ。

エネテクが提供するO&Mサービス「ソラパト」。「空」、「ソーラー」、「パトロール」がその名の由来であり、上空に向けてパネルを広げた太陽光発電システムを、勤勉で実直な警察官のように見回り、顧客に安心を提供したい、という想いが込められている。

ソラパトで提供する「定期点検」は、電気設備としての健全性の確保と、発電設備としての出力の測定・確認を行う。

最初に「パネル洗浄」を行った後、「目視による点検」を経て、太陽光パネルの発電性能を評価する「IVカーブ測定」、各機器の異常発熱を発見できる「IR
測定」、パワーコンディショナ(PCS)や集電箱などの不具合を分析する「各機器測定・テスト」などを実施する。

目に見えない破損をセル単位で確認するEL検査では、検査装置「エプティフ」の導入により、「太陽光パネルを設置したままで検査できるとあって好評です」と営業部の大田直哉氏は本サービスの最大の魅力を語る。

点検は、太陽光発電に特化した検査技術を習得している検査員が担当し、システム異常の有無や経年劣化を確認。点検終了後は、結果を詳細なレポートにまと
めて、顧客に提出している。

さらに、雑草や汚れといった発電効率を落とす要因や、パネルや架台の破損、PCSの保守点検を目的とする「巡回点検」も用意する。過去、定期点検ではモジュー
ル不良や施工不良、回路の断線、野鳥の営巣、集電箱内の焼損などを、巡回点検ではモジュールの破損やPCSの停止、雑草の繁茂、不法投棄などを発見し、いずれも早期に問題を解決している。

安心・安全な太陽光発電システムの運用に向けて、エネテクでは年1回の定期点検と、3ヶ月ごとの巡回点検を推奨しているが、顧客の要望に応じて柔軟に対応して
いる。このほか、遠隔監視サービスや駆けつけサービスも用意する。

これまでの実績について、「自社施工のお客様も含めると、約500件の点検実績があります」と大田氏。顧客からは、「見た目ではわからないモジュールの不具
合が見つかってよかった」、「写真付きのレポートがわかりやすい」、「施工もできる会社なので安心」という声が寄せられているという。

 

COMPANY

sj_ENT00
株式会社エネテク
本社:愛知県小牧市大字間々27-1
TEL:0120-920-137(フリーダイヤル)
HP:株式会社エネテク

[関西]PV EXPOに出展!
ブース番号:3号館 24-28


取材・文/具志堅浩二

※『SOLAR JOURNAL』vol.18 より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース