注目キーワード

太陽光発電

アフリカに持続可能な発展を。未電化村落に電気と通信を届けるプロジェクト

日本人なら当たり前になっている電気と通信。これらを未電化村落に届けるプロジェクトが進められている。最新のソーラー技術でアフリカを変える!

未電化村落に届ける
電気と通信

安全な出産で助かる命もある。日本のシュークルキューブ ジャポンが、アフリカで電気と通信を届ける「ツミキプロジェクト(TUMIQUI Project)」を進めている。

太陽光パネルと蓄電池、Wi-Fi機能を一体化した携帯可能な「ツミキスマートキット」を開発。2019年5月にセネガル保健省と覚書を締結した。国内9カ所の未電化村落の診療所へ導入し、夜間早朝の安全な医療体制を実現させた。今後は教育やフィンテック分野での持続可能な事業も進める。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.33(2020年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 【参加無料】2月25日(金)「第21回PVビジネスセミナー」オンライン開催
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  7. 脱炭素社会の実現へ、2022年は波乱と格差の年になる?
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. 他社間の自己託送、ついに解禁! 組合設立や再エネ電源の新設などの要件とは?...
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース