注目キーワード

太陽光発電

アフリカに持続可能な発展を。未電化村落に電気と通信を届けるプロジェクト

日本人なら当たり前になっている電気と通信。これらを未電化村落に届けるプロジェクトが進められている。最新のソーラー技術でアフリカを変える!

未電化村落に届ける
電気と通信

安全な出産で助かる命もある。日本のシュークルキューブ ジャポンが、アフリカで電気と通信を届ける「ツミキプロジェクト(TUMIQUI Project)」を進めている。

太陽光パネルと蓄電池、Wi-Fi機能を一体化した携帯可能な「ツミキスマートキット」を開発。2019年5月にセネガル保健省と覚書を締結した。国内9カ所の未電化村落の診療所へ導入し、夜間早朝の安全な医療体制を実現させた。今後は教育やフィンテック分野での持続可能な事業も進める。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.33(2020年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  6. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  7. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  8. 洋上風力の「有望区域」今年度も4か所を選定。青森沖など東北が中心
  9. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース