「AI」の検索結果

東大発のIoT技術と独自のAI技術を用いて、太陽光発電のステークホルダーが抱える課題を解決するヒラソル・エナジー。発電所の性能評価から修繕・再生までをワンストップで行い、発電所の本来の価値を取り戻す。

現地調査ナシで驚きの低コスト! 東大発ベンチャーの「ぷらマネ評価サービス」で性能評価

太陽光発電の歩みとともに技術を深化させてきたコンテック。自家消費や蓄電システムとの併用などに最適な太陽光発電制御システムを新たにリリースした。AI搭載で自家消費を最適化する「SolarView SC」に注目だ。

4万サイト超・30年の監視実績! コンテックの自社開発AIで自家消費制御

今年1月、株式会社アイ・グリッド・ソリューションズが「仮想発電所 デジタル推進プロジェクト」を発表した。太陽光発電の電力購入契約(PPA)で発生する余剰電力の活用も視野に入れた、新サービスの内容とは?

余剰電力のポテンシャル引き出す、アイ・グリッド・ソリューションズの新プロジェクト

HUAWEI(ファーウェイ)が、日本市場で住宅向けソリューションを発売する。AI搭載により“能動的安全”を実現した、まったく新しい次世代型パワコンだ。AIにより太陽光発電の“安全性”を追求する。

ファーウェイがAI搭載の次世代型の住宅向けパワコンを発売!

ロバート・ダウニー・Jr.は、この11年間、映画『アイアンマン』や『アベンジャーズ』シリーズで、アイアンマンとして地球を守ってきた。そんな彼が、この先11年間は環境問題に取り組むことを発表した。彼が取り組もうとしている、ロボット工学と最新技術を活用して、地球環境を改善する組織『Footprint Coalition』とは、どのようなものだろうか。

『アイアンマン』が現実世界でも地球を守る!? ロボットを活用した環境改善活動を発表

「ビットコイン技術が、太陽光発電の流通や取引の根本的な問題を解決するのに一役買うだろう」――そんな専門家の見解が出始めている。IoTやAI技術とブロックチェーンを組み合わせることで、発電量のコントロールの問題を解決できる!? いったいどういうことなのか。

再エネ市場を変える『ブロックチェーン電源』とは?

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【募集終了】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  2. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  3. 蓄電池市場は拡大を継続すると見られ、2040年には8兆円超え⁉
  4. 健全化に向けてFIT/FIPのルール強化! 再エネ特措法の改正ポイントは?
  5. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  6. 【電力取引の多様化】一本化で拡大する電力先物の現在地とこれから
  7. 【東京都】2025年の太陽光発電設備設置義務化に向け、「首都圏初」となる設置事例...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ