太陽光発電

多様な住環境に調和するハイブリッド蓄電池、グッドデザイン賞を受賞 

2019年問題を間近に、太陽光発電は「自家消費」のニーズが高まっている。現在、各メーカーから家庭用蓄電池がリリースされる中、エリーパワーが開発した「ハイブリッド蓄電システム」が2018年度グッドデザイン賞を受賞した。

災害時の非常用電源や
ピークシフト対策にも

電力を効率良く利用するための「蓄エネ」の発想は、一般家庭に着実に広がりをみせている。エリーパワー株式会社は、環境問題や非常時電源に有効とされるリチウムイオン蓄電システムがさらに普及していくと考え、太陽光発電からも充電できるパワーコンディショナ一体型の蓄電システム「POWER iE5 Link(パワーイエ・ファイブ・リンク)」を開発した。

「POWER iE5 Link」は、自社開発の大型リチウムイオン電池を搭載。発電した電気を貯め、太陽電池と蓄電池が自動連携して効率よく安定した電力を供給できる。世界トップクラスの安全性と長寿命を兼ね備え、ユーザーが安心して長く使用することができるよう。

蓄電容量は用途によって選べる2タイプ(5.4kWh/10.8kWh)。家庭でのピークシフト対策や災害時の非常用電源として利用可能。LTEとBluetooth5を搭載したM2Mルーター(無線通信装置)を搭載することで、家電製品や住宅設備機器と連携しHEMSにも対応している。
さらに、パワーコンディショナを壁掛け式にすることで、設置床面積の省スペース化を実現した。

多様な住宅環境に調和するノイズを抑えた造形とCMF( COLOR(色)、MATERIAL(素材)、FINISH(加工))によるデザインで、2018年度のグッドデザイン賞を受賞。

審査員の評価として「今後、注目されていくだろうインディビジュアルな蓄電システムの可能性を感じた。こういったテクノロジーは無意識のレベルで生活を支えることでインフラストラクチャーとなると思う。そういった意味で、外観のデザインも住宅に寄り添うべきで、その存在を主張しないという思想は支持したい。」

先進の蓄電システムの可能性や住宅に寄り添う外観デザインが評価された。

 

問い合わせ

エリーパワー株式会社
TEL:03-6431-9044

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース