バイオマス

世界初、植物の光合成で大気を浄化! UK発の「バイオソーラーリーフ」って?

ソーラーパネルに似た形状の「バイオソーラーリーフ」。植物の光合成で大気を浄化する世界初のシステムだ。イギリスの大学キャンパスで、試験的に設置される予定となっている。

アイキャッチ画像 ©Imperial College London

大気浄化作用は樹木の100倍!?

英スタートアップ企業アルボレアが開発した「バイオソーラーリーフ」は、微小植物の光合成で大気を浄化するシステムだ。ソーラーパネルに似た形状の専用培養システムに微細藻類などが生育。これらの生命体が大気から二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する仕組みで、大気浄化作用は樹木の100倍にまでのぼる。世界初の「バイオソーラーリーフ」は、英インペリアル・カレッジ・ロンドンの大学キャンパスで、試験的に設置される見通しだ。



文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.30(2019年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?
  4. 世界初、植物の光合成で大気を浄化! UK発の「バイオソーラーリーフ」って?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. アフターFITの世界で輝く「再エネの価値」とは?
  8. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース