編集部からのお知らせ

FBなど参入 大注目のソーラードローンに迫る!

日々進化し続ける空飛ぶ無人機「ドローン」。今まで撮影出来なかった場所からの映像撮影やコンサートでのパフォーマンスなど、様々な場面で活用されるようになっている。これから先、より身近により私たちの生活に馴染む日が来るのも、そう遠くはないようだ。

3ヶ月無着陸連続飛行が可能な
フェイスブックの新ドローン

今、多くの会社がドローンにビジネスチャンスを見出している。特に注目を集めるのがソーラードローン。太陽光でエネルギーをまかなうことにより、長時間航行を可能にした機体だ。

フェイスブックはインターネット中継機として、このソーラードローンを開発し、今までインターネット環境から取り残されていた地域を、空からのレーザー通信でカバーする計画を進めている。太陽光を利用することで、3ヶ月間の無着陸飛行も可能になるという。

また、インターネット通販大手アマゾンは、将来的にドローンを配送手段として使うことで、配達時間の短縮を狙う。

sj_drn_20161206_01

アマゾンが計画中のデリバリー用ドローン

 

ドローンという技術が、様々な業界で新たなサービスを生み出しつつある。

文/加藤亨延

『SOLAR JOURNAL』vol.18より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  2. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
  9. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ