編集部からのお知らせ

投資家&発電所オーナー必見! 再エネビジネス誌『アールイージャーナル』創刊

投資家や発電事業者の方々に向けた、再エネビジネスの専門誌『アールイージャーナル』がついに創刊! SDGsやパリ協定、RE100、ESG投資といった流れの中で、今の時代に必要な「投資戦略」について特集しました。

創刊号の特集は
「持続可能な投資戦略」

地球規模の喫緊の課題である気候変動、そして立て直しが求められる日本経済。再生可能エネルギーは、それらの課題を解決する大きな可能性を秘めています。

ソーラージャーナルの姉妹誌として発行した『アールイージャーナル』創刊号では、いま知っておきたい「投資戦略」「風力ビジネス」「太陽光ビジネス」の3つを特集。政策や市場動向を掴むべく、多くの有識者に取材しました。

特集1
持続可能な投資戦略

SDGsやパリ協定、RE100、ESG投資など、再エネの普及を後押しする大きな流れが動きはじめた中で、いま考えるべき「投資戦略」とは?

[インタビュー]
・環境省 総合環境政策統括室 中井 徳太郎氏
・経済アナリスト 森永 卓郎氏
・一般社団法人グリーンファイナンス推進機構 代表理事 末吉 竹二郎氏
・京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座特任教授 安田 陽氏
・認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長 飯田 哲也氏


特集2
風力ビジネス最前線

「再エネ海域利用法」が誕生し、洋上風力の活用に大きな可能性が開かれた。国内ではまだ商用化されていない洋上風力発電だが、欧米では500MWを超えるビッグプロジェクトが多数展開されている。いま最も熱いエネルギーマーケットだ。

[Pick up]
・「再エネ海域利用法」日本の洋上風力はどう変化する?
・風力発電事業は”協業”の時代へ

[インタビュー]
・一般社団法人 日本風力発電協会 代表理事 加藤 仁氏
・ゼネラル・エレクトリック・インターナショナル・インク 再生可能エネルギー事業部 北アジア代表 大西 英之氏


特集3
持続可能な太陽光ビジネス

太陽光発電は、FIT依存の段階を終えて次のステージに移ろうとしている。市場環境は厳しさを増しているように見えるが、新たなビジネスモデルも生まれ始めている。

[Pick up]
・太陽光発電所の”最善運用”のコツとは?
・既設案件のリパワリングに不可欠な最新O&M
・発電所の投資効果を最大化する「4大ソリューション」

 

ウェブ版も同時オープン!

『アールイージャーナル』創刊とあわせて、公式ウェブマガジンがオープン! 雑誌のアーカイブ記事(一部)を無料で読むことができます。ぜひチェックしてください!

 

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(前編)
  5. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース