編集部からのお知らせ

「市場のトレンドは二分される」、日本BSLが語る太陽光国内市場の展望

FITの抜本的見直しや住宅用の卒FITを控え、変化していくアフターFITの市場を、グローバル企業達はどのように見ているだろう。日本BSL株式会社代表取締役の劉氏に話を聞いた。

屋根上を活用した
自家消費が増加

私たち日本BSLは、日本において1GW超の出荷実績を有する架台メーカーです。2021年度まで、特別高圧案件を含めた野立ての案件を、合計で1GW程度受注しています。そのうち、2019年については、9月末時点で350MW以上を既に出荷しています。2020年も引き続き、野立ての案件を多数手掛ける予定です。

当社は日本に事務所を構え、一級建築士と連携し、構造計算と経済産業省の対応を行えることが強みです。野立ての案件をお任せいただけているのは、日本の皆様にその強みが理解されているからだと考えています。



これから、日本の太陽光市場は入札案件の野立てタイプと、屋根上設置での自家消費タイプにトレンドが大きく二分されていくでしょう。特に、自家消費を前提とした屋根上案件は一気に増えると思います。

BSLは、中国において200件以上の屋根上太陽光発電の実績を有しています。日本においては、今年度中に2ヶ所、量販店の店舗の屋根上に設置する案件が完成する予定です。JIS規格よりも厳しい基準で耐風性を備え、電食やサビ防止の対策を施し、耐荷重を分散する設計にできるよう工夫を施すなど、屋根上設置に適した架台をご提供しています。これから本格的にはじまる自家消費時代においても、すぐれた架台で日本の太陽光発電の普及に貢献してまいります。

PROFILE

日本BSL株式会社
代表取締役

劉 愛平氏


SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【終了】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  5. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  6. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  7. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  8. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  9. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  10. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ