業界ニュース

関西電力、4日に初の出力制御 太陽光と風力が対象

関西電力子会社の関西電力送配電は、太陽光発電と風力発電事業者の出力制御を6月4日に実施すると発表した。関西エリアで出力制御を実施するのは初めて。大型の発電設備が対象で、一般家庭は対象とならない。

再エネの出力制御 
全国各地へ拡大

関西エリアで出力制御が実施されるのは、4日(日)の午前9時から午後1時30分までのあいだ。関西電力送配電は、太陽光発電と風力発電事業者の一部に出力を制御するよう指示した。4日の電力需給見通しについて、同社は休日で工場などの稼働が少なくなり、電力需要が下がると見込まれるなかで、好天のため太陽光発電の出力が伸びることが予想されると説明している。

関西電力送配電によると、関西エリアでは再生可能エネルギー発電設備の導入が年々増加しており、太陽光発電設備と風力発電設備の接続済み設備量の合計は2023年4月末で718万kWに達している。太陽光発電と風力発電の出力制御量は時間によって変動するが、42万~52万kW程度とみられる。最大余剰電力が発生するのは、午後0時30分から1時00分の見通し。

再エネの導入の拡大に伴って、出力制御を実施するエリアも広がりをみせている。2018年の九州電力、2022年の四国電力、東北電力、中国電力、北海道電力に続いて、今年に入って新たに沖縄電力、中部電力、北陸電力が出力制御を実施している。

DATA

関西電力送配電ホームページ

.

「太陽光義務化元年」と呼ばれる2023年。パネルの屋根設置や制度の見直し、蓄電池の導入促進といった国の新たな政策にどのように対応するべきか?来年度に導入される発電側課金はどのような仕組みなのか?地方自治体の政策担当者や再エネシステムの専門家を登壇者としてお迎えし、今後のビジネスチャンスを読み解きます。

 


取材・文/高橋健一

関連記事

送電線
PPA
大規模メガソーラー

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
  3. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  4. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  5. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  6. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  7. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  8. 【2024年太陽光ビジネス】再エネは「長期安定電源」になる! 事業環境の整備に必須のリパワリング...
  9. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ