業界ニュース

コーポレートPPA、新会社設立が相次ぐ 異業種から参入も

コーポレートPPAを手がける新会社の設立が相次いでいる。関西電力は今年7月、再エネ投資会社などと新会社を設立した。非FIT時代の新たなビジネスチャンスを獲得しようと、異業種から参入するケースが増えている。

2025年度末までに
最大15万kWを新設

新会社のスキーム(出典 関西電力)

新会社のスキーム(出典 関西電力)

関西電力と大和エナジー・インフラ、SMFLみらいパートナーズは今年2月、太陽光発電のコーポレートPPAを活用する発電会社「KDS太陽光合同会社」を設立した。各社が3分の1ずつ出資する。事業内容は「太陽光発電設備の取得及び保有」、「太陽光発電事業の運営および管理」、「再生可能エネルギー電力の供給及び販売」、「上記事業内容に附帯または関連する一切の業務」。発電設備の開発では、三菱UFJ銀行の融資を受ける。

今年7月には、埼玉県幸手市で第1号案件となる太陽光発電設備の営業運転を開始した。再エネ事業会社のエコスタイルと協業して関東や関西、中部エリアに太陽光発電設備を新設し、関西電力を通して、JR西日本などの需要家に20~25年間売電する。2025年度末までに49.5kWの設備を最大3030基、計15万kWを新たに導入する計画。すべて稼働すると、年間の発電電力量は一般家庭9万世帯の使用量に相当し、これにより年間約12万3690トンの二酸化炭素排出量削減を見込む。

リース会社と
JFEグループ企業が新会社

新会社のスキーム(出典 アーバンエナジーPV合同会社)

新会社のスキーム(出典 アーバンエナジーPV合同会社)

東京センチュリーとJFEエンジニアリングは今年2月、コーポレートPPAの一部を担う新会社を設立した。会社の名称は「アーバンエナジーPV合同会社」。出資比率は、2社ともに50%。これまでに2社は、全国7カ所で太陽光発電事業を共同で展開するとともに、そのほかの再エネを含む環境・社会インフラ分野を中心に幅広い分野で業務連携を進めてきた。

今後は、新会社が太陽光発電設備の所有・発電事業を実施して、PPA事業者へ電力を供給し、PPA事業者が電力需要先に対して再エネ電力の供給やO&Mサービスを提供する。
今年3月から複数のサイトでオンサイトコーポレートPPA事業の開発に取り組み始めた。計画では、新会社が電力需要先の建物の屋根上や敷地に太陽光発電設備を設置し、PPA事業者を通して電力を供給する。

3月13日(水)の再エネビジネス塾では、office SOTO代表で省エネ・脱炭素エキスパートの山下 幸恵 氏が「PPAと蓄電池ビジネス 新規参入の基礎知識」 というテーマで講演する。

再エネビジネス塾

FITからFIPへの移行やCO2削減対策の加速、電気代の高騰、大規模災害による停電の多発をうけて、PPAと蓄電池を組み合わせたビジネスが全国各地で拡大しています。この機会に、PPAと蓄電池の基礎知識を学んでみませんか?Zoomを活用したクローズドなオンライン勉強会なので、じっくり学ぶことができます。


取材・文/高橋健一

関連記事

出力制御

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 経産省、GX推進で新たな国債発行 系統用蓄電池や次世代太陽電池に重点配分...
  2. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  3. 再エネ拡大の新たな原動力 ~脱炭素推進による「企業のブランド戦略」~...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直しへ
  5. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  6. 新・出力制御対策パッケージ。「蓄電池の活用」を強化へ
  7. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  8. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  9. 自己託送の新規受付を当面停止。「再エネ賦課金逃れ」防止で要件を厳格化へ...
  10. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ