業界ニュース

東急不動産が系統用蓄電池に参入! 「TENOHA東松山」で2024年度に運転開始

東急不動産が、自社が運営する「TENOHA東松山」で系統用蓄電池事業を開始した。伊藤忠、パワーエックス、自然電力の4社と連携し、蓄電池システムを最適に運用することで、調整力を生み出し、需給調整市場などへの提供を目指す。

4社で系統用蓄電池事業を開始
パワーエックス製蓄電池は国内初


(TENOHA東松山における系統用蓄電池事業の概要。出典:自然電力株式会社)

東急不動産は8月3日、自社が運営する「TENOHA東松山」(埼玉県東松山市)において系統用蓄電池事業を開始すると発表した。東京都の令和4年度系統用大規模蓄電池導入促進事業を活用し、同社が運営する実証実験プラットフォーム「リエネソーラーファーム東松山」内のTENOHA東松山に蓄電池を設置する。2023年度内に建設に着手し、2024年度下期に運転を開始する予定だ。

今回の事業では、パワーエックスの蓄電池システム(定格出力1.8MW、定格容量4.9MWh)が系統用蓄電池事業において国内で初めて採用された。蓄電池システムの導入にあたっては、東急不動産、伊藤忠商事、パワーエックス、自然電力の4社がパートナーシップ契約を締結。伊藤忠商事は蓄電池システムの構築や制御装置などを含むシステム全体の調達、パワーエックスは蓄電池の納入、自然電力はアグリゲート・エネルギー管理システム「Shizen Connect」によって蓄電池の充放電の制御を担う。
 

再エネ普及に役立つ系統用蓄電池
需給調整市場などでの活用に期待

系統用蓄電池とは、電力系統や再生可能エネルギー発電所に直接つなげて利用する蓄電池のこと。電気が余っているときには充電し、電気の需要が多いときには放電するなどの制御を行って電力系統の安定運用を目指す。

蓄電池の充放電などによって電気の需要と供給のバランスを維持する機能のことを「調整力」と呼び、天候によって出力が変動する再生可能エネルギーを拡大するうえで重要な役割を果たす。国は、需給調整市場や容量市場といった新たな制度を設けて調整力の提供に対して対価を支払うことで、調整力の取り組みを後押ししている。(参考:再エネの拡大を陰で支える「調整力」とは? 需給調整市場の役割を知る|SOLAR JOURNAL

東急不動産のTENOHA東松山での系統用蓄電池事業でも、蓄電池の制御によって生まれる調整力を需給調整市場や容量市場、卸電力市場などへ提供するとしている。4社は今回の事業を通じて「系統用蓄電池システムの枠組み構築を行い、今後も他案件への取り組みを進めることで日本の電力システムの安定化に貢献する」としている。
 

DATA

東急不動産株式会社プレスリリース

PVビジネスセミナー
「太陽光義務化元年」と呼ばれる2023年。いま業界内でも大注目を集めるPPAモデルや、導入される発電側課金の仕組み、蓄電池導入の先進事例などの最新業界動向について徹底解説!豪華登壇者をお迎えし今後のビジネスチャンスを読み解きます。2023年再エネビジネス成功へ道筋を一緒に考えてみませんか?


文:山下幸恵(officeSOTO)

関連記事

全国知事会議

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. ペロブスカイト太陽電池で日本の「復権」を目指す。官民協議会の1回目を開催!...
  3. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  7. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  8. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 【地域共生成功モデル紹介】地域貢献型システム&脱炭素住宅都市モデル
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ