地熱・水力 etc

発電効率43.1%!海洋エネルギー”潮流発電”の新技術

日本国土の周りにある膨大な資源を有効活用できるとして注目の「海洋エネルギー」。なかでも、潮の流れを利用した「潮流発電」の開発に取り組んできたNEDOは2017年11月、2枚のプロペラを使って効率良く発電する新技術を公表した。

発電効率を追求した
新たな潮流発電

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、協和コンサルタンツ、アイム電機工業、前田建設工業、九州工業大学、早稲田大学とともに、『相反転プロペラ式潮流発電技術』を開発した。

2017年10月17日から20日まで長崎湾沖で行われた曳航(えいこう)試験では、実用時を想定してつくられた想定実機の1/7スケールモデルを用いて実力を検証。
発電効率は43.1%と、設計した発電効率を上回る結果が得られ、技術性能と安全性が確認できたという。

『相反転プロペラ式潮流発電技術』は、互いに逆方向へと回転する2段のプロペラを用いて発電する「相反転方式」を採用していることが大きな特徴だ。
従来の1段のプロペラ方式よりも高い発電効率を発揮できるため、同じ発電量のまま小型化も可能になる。

今後は、今回の曳航試験で得られたデータをもとに数値シミュレーションを重ね、流向も含めて周期的に変化する実環境下での運転を模擬しながら、発電コストの試算を行っていく予定だ。

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース