地熱・水力 etc

自転車で走った分が電力になる!? 「創蓄連携バイクステーション」がオランダで開発

オランダ・アムステルダムで「自転車で走った分の運動エネルギーを電力に変える」世界初の駐輪ソリューションが開発された。創られたエネルギーは、送電線を通じて近隣に供給される仕組みだ。

世界初の
「創蓄連携バイクステーション」

オランダ、アムステルダムで開発された「エス・パーク」は、自転車の走行時に生成される運動エネルギーを電力に変換する世界初の駐輪ソリューション。


S-PARK

自転車の運動エネルギーを前輪に装着されたバッテリーで貯め、専用の自転車ラックに駐輪すると、そのエネルギーが送電線を通じて近隣に供給される仕組みだ。

日平均走行距離が3.6kmの自転車を30台収容する自転車ラックで約1kWhのエネルギーが供給できるという。



文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.29(2019年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 【FIT抜本見直し】事業用低圧太陽光の 「自家消費」トレンドが加速!
  6. 全国の自治体から注目が集まる! サングロウの蓄電池システムで「自家消費」&「BCP対策」...
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース