編集部からのお知らせ

ベネルクス発! 一貫したサステナブルを意識したスーパーマーケット

持続可能性を意識した取り組みは、世界のさまざまな場所で進められている。ベネルクスには、サステナブルなスーパーマーケットが作られている。徹底した取り組みを見ていこう。

上の画像:サステナブルなスーパーマーケット「Distribution Center Jumbo Supermarket」©Aerovista Luchtfotografie / Shutterstock.com

太陽光発電、ヒートポンプなど
自然の循環を意識した建築

オランダの大手小売「ユンボ」が、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク3国を合わせた地域ベネルクスで、もっともサステナブルなスーパーマーケット「Distribution Center Jumbo Supermarket」を作っている。建設から運営・管理まで一貫して持続可能性を意識。同コンセプトを体現させたオランダ中部ニーウェガインの配送センターや東部ゴールの新店などの施設を、順次運用中だ。 

建設には、持続可能な森林から切り出されたFSC認証の建材を使用。他の建築資材や店舗のパーテーション、床材、空調部品は、店舗改修時などにリサイクルまたは完全に再利用できる材質を選んだ。冷蔵・冷凍庫から放出する熱は店舗内の暖房として利用し、必要に応じてヒートポンプで温度管理の補助とする。屋上緑化や太陽光パネルを設置。日光を十分に取り込む設計と換気システムで屋内を快適な状態に保つ。建物の周囲には、虫の家、鳥小屋、コウモリの居場所などを配した。 

これら環境に配慮したことで、各施設はイギリスの建築物環境性能認証制度であるBREEAMで最高ランク「Outstanding」を獲得した。パーツごとにサステナブルを考えるのではなく、店舗全体を自然の循環の中で捉えることが、これからの世界に求められている。


文:Yukinobu Shuzui

SOLAR JOURNAL vol.37(2021年春号)より転載

関連記事

© Schmidt Hammer Lassen Architects

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  2. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  3. 【PVビジネスセミナーレポート】2024年度の市場動向は? PPAと蓄電池の最適化モデル...
  4. 蓄電池市場は拡大を継続すると見られ、2040年には8兆円超え⁉
  5. 【東京都】2025年の太陽光発電設備設置義務化に向け、「首都圏初」となる設置事例...
  6. サングロウのエグゼクティブに聞いた日本市場でのビジネス展望。世界が注目するグリーン水素の行方は?...
  7. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  8. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ