編集部からのお知らせ

シャルル・ド・ゴール空港など、空港電力の再エネ比率高まる。地熱やバイオマスなど活用

フランスでは、2030年までのカーボンニュートラルに向けて、様々な取り組みが進んでいる。今回は、首都圏の空港電力の対応に注目する。

上の画像:シャルル・ド・ゴール空港に建てられた地熱発電所。©Zoo Studio, Groupe ADP

国内需要は国内生産で賄う
首都圏の空港電力を再エネで

パリ近郊で3つの空港を運営するパリ空港公団が、再生可能エネルギーの比率を増やしている。国内線中心のオルリー空港は地熱、プライベート機のル・ブルジェ空港はバイオマス、国際線が集まるシャルル・ド・ゴール空港ではヒートポンプに加え、2024年から地熱も稼働予定だ。

同公団は国内南部3県にあるソーラーファームとも21年間の電力購入を契約。3空港の電力使用量の1割、または照明用電力の半分を新たに再生可能電力で賄う。


文:Yukinobu Shuzui

SOLAR JOURNAL vol.37(2021年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 終了】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  3. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  5. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  6. 【2024年太陽光ビジネス】再エネは「長期安定電源」になる! 事業環境の整備に必須のリパワリング...
  7. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  8. 【地域共生成功モデル紹介】ゼロカーボンビレッジ創出&市民参加型の取り組み...
  9. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  10. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ