編集部からのお知らせ

環境負荷軽減と持続可能エネルギーを両立する中国の最先端廃棄物発電所

2022年に完成予定の中国・深圳東部廃棄物発電所。発電所とは思えないデザインが目を引く!環境への負荷を減らし持続可能なエネルギーで経済を回す、を実現する最先端の施設だ。

上の写真:© Schmidt Hammer Lassen Architects

中国
深圳東部廃棄物発電所

環境への負荷を減らし持続可能なエネルギーで経済を回す。香港に隣接する中国の経済都市・深圳に計画されている深圳東部廃棄物発電所は、それらを両立すべく計画された施設だ。 

人口2000万人を抱える深圳では、1日当たり1万5,000トンの廃棄物が発生し、廃棄物の量は毎年約7%ずつ増加しているという。同発電所は1日あたり5,000トンの廃棄物を焼却できる能力を持ち、そこから年5億5,000万kWhの電力を作り出す。6万6,000㎡ある屋根は最大4万4,000㎡の太陽光パネルで覆われ、廃棄物処理で生まれる電力の他に、環境に負荷をかけない形での発電も行う。 

切り株のような平らな円柱のデザインも目を引く。箱型をした今までの発電所にはなかった形だ。建築デザインのゴールは、シンプル、クリーン、アイコニック、そして先進の発展を考えさせるにふさわしい指標となること。加えて同発電所は、最新技術を用いたプラントであるだけでなく、環境問題についての住民教育の場としての役割も担う。 

巨大な人口が躍動する中国。2016年に設計され2022年に完成予定の同発電所は、経済から環境へシフトする大国の未来を探っていく。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.35(2020年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【募集終了】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  2. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  3. 蓄電池市場は拡大を継続すると見られ、2040年には8兆円超え⁉
  4. 健全化に向けてFIT/FIPのルール強化! 再エネ特措法の改正ポイントは?
  5. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  6. 【電力取引の多様化】一本化で拡大する電力先物の現在地とこれから
  7. 【東京都】2025年の太陽光発電設備設置義務化に向け、「首都圏初」となる設置事例...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ