地熱・水力 etc

「雪」との摩擦で発電!? アメリカが発明した世界初のナノ発電デバイスとは?

最新のソーラー技術はすごい! アメリカでは、雪との摩擦で発電できる、世界初のナノ発電デバイスが登場している。発電できる量は限られているが、組み合わせ次第で可能性は無限大だ。



降り積もる雪との摩擦で発電

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究チームは雪を利用する摩擦帯電型ナノ発電デバイスを開発した。正の電気に帯電する雪と、負の電気に帯電するシリコンが接することで生じる摩擦帯電から発電する仕組み。発電できる電力密度は0.2mW/㎡と微弱だが、ウィンタースポーツ向けのウェアラブル端末や降雪地域での気象観測ツール、ソーラーパネルと組み合わせることでハイブリッド型発電システムとしても応用できる。

©University of California



文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.30(2019年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース