注目キーワード

地熱・水力 etc

再エネ率100%目前! コスタリカに世界が注目!

コスタリカは自然エネルギー100%達成に向け、着実に自然エネルギー開発を進めており、去年実績で99%と達成目前だ。2021年を達成目標としていたので、数年前倒しでの達成が確実視されている。

 

カーボンニュートラルを目指す
大胆な国家ビジョン

中米に宝石のように光り輝く国がある。人口500万人にも満たない小国、コスタリカだ。コスタリカは1949年以後、常備軍を持たずに平和を維持してきた平和国家で、生物多様性のホットスポットといわれるほど豊かな自然を有すため、世界中からエコツーリストを惹き付ける環境立国となっている。

コスタリカを環境立国にすると明確に国家目標として発表したのはノーベル平和賞受賞者でもあるオスカル・アリアス大統領(当時)だ。彼は2007年7月6日に「自然と共にある平和」宣言を行い、2021年までに世界初のカーボンニュートラル国家を目指すという大胆な目標を掲げたのである。そして、自然エネルギーで100%電力を供給すことが国家目標となっていく。

sj_cos20161209_001

自然エネルギーで100%発電を
2015年にほぼ達成!

去年末、世界中を驚きのニュースが駆け巡った。コスタリカが2015年実績で、電力の99%を自然エネルギーで発電しており、自然エネルギー100%移行をほぼ達成したというのだ。今年も好調で、例えば2016年7月は自然エネルギー100%を達成している(コスタリカ電力公社(ICE)発表)。内訳は、水力が74.9%、地熱が12.9%、風力が12.19%でこの3つでほとんどの発電を行っている。2016年通年での実績はどうなるのか、世界の注目が集まっている。

sj_cos20161209_002

 


関根 健次
ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役
一般社団法人 国際平和映像祭 代表理事

映画市民上映サイト「cinemo」
YouTube

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. ライセン、N型HJTモジュールを市場投入。PPA事業、案件開発、海外進出もサポート...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 新・自家消費時代の大本命── トライブリッドにしかできないこと
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース