その他

地球環境戦士「おひさマン」誕生! 仕掛けたのは埼玉EPCの雄 恒電社

地域で太陽光ビジネスを始めるには、いかに地域コミュニティに愛される取り組みができるかが重要だ。そんなご当地EPCを代表するのは、埼玉県の恒電社だ。

地球環境戦士「おひさマン」誕生

恒電社が代表理事を務める一般社団法人埼玉グリーンエネルギー普及協会は、地球環境戦士「おひさマン」の誕生を発表した。埼玉県でSDGs、特に気候変動に取り組むため、グリーンエネルギーの利用と脱炭素・カーボンニュートラルの達成の大切さを伝える目的だ。環境問題はこれからの未来を担う子どもたちにとって非常に重要な問題であるが、子ども達からすると、非常に難しい言葉が多く使われており興味を持ちにくいという現状がある。「おひさマン」は、活動を通して「SDGs」「気候変動」「脱炭素」などのキーワードに対して子ども達が身近な問題として考えてもらうきっかけになるだろう。


「おひさマン」は、テーマ曲「輝け!おひさマン!!」などを通して、気候変動への取り組みの大切さやグリーンエネルギーの活用を身近なものと感じてもらえるよう、子どもを始め、埼玉県の地域コミュニティでの活動を進める予定だ。恒電社は10月19日(水)にプレスお披露目会を開催し、おひさマンからの決意表明やフォトセッションを企画している。

問い合わせ

一般社団法人埼玉グリーンエネルギー普及協会
株式会社恒電社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
  3. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  4. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  5. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  6. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  7. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  8. 【2024年太陽光ビジネス】再エネは「長期安定電源」になる! 事業環境の整備に必須のリパワリング...
  9. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ