政策・制度

【2022年度FIT/FIP】太陽光第15回入札、FIPの特別高圧は1件。前回から加重平均は低下

このほど公表された太陽光第15回入札(2022年度第4回)によると、FIT/FIPともに落札量量が募集容量を下回り、加重平均落札価格は低下した。太陽光第14回入札の結果とともに振り返る。

いずれも募集容量には未達
入札参加見送りが10件

電力広域的運営推進機関は3月10日、太陽光第15回入札(2022年度第4回)の結果を公表した。入札の対象はFIT認定が250〜1,000kW未満、FIP認定が1,000kW以上、事前に公表された上限価格はFIT/FIPいずれも9.63円/kWhだった。

はじめに、FITにおける入札結果は次の通り。募集容量50MWに対して15.8362MWの応札があり、同量が落札された。落札件数は25件で、最低落札価格は9.50円/kWh、加重平均落札価格は9.59円/kWh、最高落札価格は9.63円/kWhだった。

これに対して、入札の参加資格審査のために提出されたのは36件・21.9571MW、参加できる旨を通知されたのは33件・20.3321MWだった。したがって、8件・4.5MWあまりが参加を見送ったことになる。

続いてFIPの入札結果は、募集容量175MWに対して9件・16.2045MWの応札があり、同量が落札された。最低落札価格は9.48円/kWh、加重平均落札価格は9.56円/kWh、最高落札価格が9.63円/kWhだった。落札した9件のうち特別高圧の案件は、ジャパン・リニューアブル・エナジー(3MW)の1件だった。

FIPにおいて、入札の参加資格審査のために提出されたのは12件・69.0664MW、参加できる旨を通知されたのは11件・67.4545MWだったため、2件・51.25MWあまりが参加を見送ったと考えられる。

加重平均落札価格は大きく低下
FIPにおける価格低下が顕著に

太陽光第15回入札では、加重平均落札価格がFITで9.59円/kWh、FIPで9.56円/kWhとなった。前回の太陽光第14回入札(2022年度第3回)では、FITが9.70円/kWh、FIPが9.73円/kWhだったため、それぞれ0.11円/kWh、0.17円/kWh下がったことになる。

加重平均落札価格が大きく下がった一方で、落札容量が募集容量に満たない状態が続いている。特にFIPにおいては、大規模な特別高圧案件が少なかったことが募集容量の大幅な未達につながったとみてよいだろう。

なお、太陽光第14回入札のFIPにおいては、募集容量175MWに対し11件・137.2069MWが落札された。11件のうち大型の特別高圧案件は2件で、FS Japan Project39合同会社(28.800MW)、CESいわき太陽光発電所合同会社(94.160MW)だった。

DATA

電力広域的運営推進機関:太陽光第15回入札(令和4年度第4回)の結果について(FIT)
電力広域的運営推進機関:太陽光第15回入札(令和4年度第4回)の結果について(FIP)


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  2. 新・出力制御対策パッケージ。「蓄電池の活用」を強化へ
  3. 経産省、GX推進で新たな国債発行 系統用蓄電池や次世代太陽電池に重点配分...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直しへ
  5. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 自己託送の新規受付を当面停止。「再エネ賦課金逃れ」防止で要件を厳格化へ...
  8. 動き出した国の蓄電池産業戦略 官民一体で生産基盤を強化
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 住宅用太陽光発電システムの搭載率は何%? 戸建と集合住宅では大きな開き...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ