政策・制度

東電PG、2024年度に最大1510kWの再エネ出力制御の見通し。対象はノンファーム電源

東京電力パワーグリッド(東電PG)は10月16日、来年度の系統制約による再生可能エネルギー出力制御の見通しをめぐって、2024年度以降、再エネ出力制御を行う可能性があると発表した。実施されれば、東電PGエリアでは初のケース。ノンファーム電源を対象に「一律制御方式」で行うとしている。

群馬と山梨の2系統で1510kW
ノンファーム電源を対象に実施

東京電力パワーグリッド(東電PG)は、経済産業省・資源エネルギー庁が10月16日に開催した第48回系統ワーキンググループで、来年度の系統制約による再生可能エネルギー出力制御の短期見通しを公表した。

東電PGエリアでは2024年度、ノンファーム電源を対象として、次のような再エネ出力制御を行う見通しだ。154kV上越幹線(群馬県)で最大680kW、66kV玉諸線(山梨県)で最大830kW、合計で最大1,510kWの再エネ出力制御を行う可能性がある。両系統とも、太陽光発電と水力発電の接続が多いという特徴がある。

具体的には、154kV上越幹線の年間出力制御量は1,220kWh、出力制御時間は3時間、年間出力制御率は0.08%。66kV玉諸線の年間出力制御量は15,440kWh、出力制御時間は26時間、年間出力制御率は1.28%とされた。これらは一定の算定条件のもとで試算したもので、今後、変わることがあるという。

当面は「一律制御方式」
将来的には再給電方式に移行

出力制御の方法として、当面は、ノンファーム型接続システムである「一律制御方式」をとる。つまり、ノンファーム型で接続している再エネ発電所を対象に、一定比率で出力を抑制するということだ。ノンファーム型接続とは、実送電量に応じて空き容量が変化する柔軟な電気の送り方だ。(参考:「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し|SOLAR JOURNAL

将来的には一定の順序に従った「再給電方式」で出力制御順に制御を行う予定だが、システム改修が間に合っていないことから、2024年4月1日以降、システム改修が完了するまでは、一律制御方式をとるという。

事前に3回混雑予想を通知
発電所ごとに計画値提出を求める

再エネ出力制御の実施にあたっては、ノンファーム型接続の発電所を対象に、発電所ごとに発電計画値の提出を求める。提出された計画値に対して、東電PGが事前に混雑予想を伝え、発電所はその通知をもとに、ノンファーム電源の制御量を把握し、必要に応じて発電計画を修正する。混雑予想は、翌日発電計画の提出後、実需給の5時間前、実需給の1時間前の合計3回通知するという。

そのため、対象エリアのFIT特例①②の低圧発電所に対しても、同社は今後、発電所ごとの発電計画値の提出を求めるとしている。また、今後、対象エリアのノンファーム発電所に向けて説明会などを実施する予定ということだ。

DATA

総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 新エネルギー小委員会 系統ワーキンググループ(第48回)


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

送電線
高圧送電線

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  2. 新・出力制御対策パッケージ。「蓄電池の活用」を強化へ
  3. 経産省、GX推進で新たな国債発行 系統用蓄電池や次世代太陽電池に重点配分...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直しへ
  5. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 自己託送の新規受付を当面停止。「再エネ賦課金逃れ」防止で要件を厳格化へ...
  8. 動き出した国の蓄電池産業戦略 官民一体で生産基盤を強化
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 住宅用太陽光発電システムの搭載率は何%? 戸建と集合住宅では大きな開き...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ