製品・サービス

【洗浄最前線】“費用対効果があるパネル洗浄”の重要性

本当に費用対効果のあるパネル洗浄を行うには、どのような点に注意すべきなのか。太陽光発電の第一人者である宮崎大学の西岡賢祐教授に重要なポイントを聞いた。業界最大手PV Japan のパネル洗浄を行ったO&M 大手3社のリアルボイスもともにお届けする。

事前と事後の診断が必須
データと科学的根拠で見極め

太陽光発電システムを長期的かつ健全に稼働させ続けることは、事業者の収益性を確保するうえでも、脱炭素化やエネルギー自給率の観点からも意義が大きい。宮崎大学工学教育研究部の西岡賢祐教授は、太陽電池など半導体に関する技術研究の第一人者だ。西岡氏は、太陽光発電システムの健全性を維持するには、周辺環境、劣化・故障、汚れなど、出力低下の複雑な要因を取り除くことが大切だと話す。「パネル洗浄の必要の有無や、洗浄が必要な場合の洗浄頻度は、設置環境によって決まります。設置環境が良好なケースでは、汚れの影響を受けにくいこともあります。そのため、パネルの汚れ具合を把握し、費用対効果を検証したうえで洗浄することが、収益性を向上させるために重要なのです」。

ところが、現実には「費用対効果がわからない」という理由で、パネル洗浄に踏み切れない発電事業者やO&M企業も見受けられる。費用対効果のある洗浄を行うにはどうすればよいのだろうか。「注意すべきポイントは、事前診断、確かな技術による事故のない洗浄、事後診断の3点。洗浄による収益の向上が洗浄コストを上回らなければ、費用対効果はありません。事前診断で洗浄すべきパネルを特定し、タイミングを見極めて洗浄することが重要です。洗浄時には、作業の安全性を担保することが必須。洗浄装置の局所的な荷重や振動によるモジュールへのダメージに配慮するなど、確かな技術と経験に基づいた作業が求められます。また、洗浄後に期待された効果が得られているかについても、正確かつ迅速に評価する必要があります」。

その一方で、パネル洗浄に関する公的なガイドラインなどが整備されておらず、技術が規格化されていないという課題もあると指摘する。より多くの事業者が洗浄に取り組むには、安心して洗浄が依頼できる指標を設けることが重要だという。パネル洗浄の最大手であるPV Japanは西岡氏と共同で、パフォーマンスレシオ(PR)値など、データや科学的根拠に基づいた洗浄の効果を幅広く検証している。「発電データやパネルへの影響などを物理的・科学的に評価することによって、安心かつ安全なパネル洗浄技術の確立をともに目指し、再生可能エネルギーの健全な普及に貢献したい」と西岡氏は述べている。

PROFILE

宮崎大学
工学教育研究部 副学部長
環境・エネルギー工学研究センター
センター長 博士(工学)

西岡 賢祐 教授

 

業界大手のトップランナーが語る!
パネル洗浄への今後の期待


PVJapanのパネル洗浄を実施する前は、洗浄によって発電効率がどれだけ大きく回復するのか、具体的にイメージできませんでした。しかし、当社の発電所でパネル洗浄を行ったところ、予想を超える発電効率の改善が見られたのです。当社の経験では、運転開始から10年が経過した太陽光発電所の9割超で、当初の計画を上回る発電効率の低下が起こっています。パネル洗浄をはじめとする適切なメンテナンスを検討することで、発電効率の回復を図ることが重要だと考えています。

株式会社スマートエナジー
代表取締役社長

大串 卓矢 氏

HP:www.smart-energy.jp



近年、発電量やPR値に悩むお客様からパネル洗浄の相談をいただくことが増えています。PV Japanのパネル洗浄は、現場管理や報告・連絡・相談が行き届いているため、安心して依頼することができます。洗浄を行ったお客様からは「予想以上にきれいになった」「実際にPR値が上がった」といった声をいただいています。運転開始から数年がたった発電所は、汚れが蓄積している可能性が高く、洗浄の効果が高いと考えています。気候変動対策として太陽光の発電量を向上させるためにも、パネル洗浄が業界のスタンダードになることを願っています。

JUWI自然電力オペレーション株式会社
営業・マーケティング部 部長

倉澤 宗士 氏

HP:juwishizen-om.net



以前は「パネルは降雨で洗浄されるため、積極的なパネル洗浄は不要ではないか」と考えていました。しかし、年数の経過によりパネルに汚れが固着し、発電効率が悪化している発電所が散見されるようになりました。そこで、PV Japanのパネル洗浄を行ったところ、発電量の向上が確認できました。それぞれの発電所の状況や発電効率の低下の原因を丁寧に把握し、洗浄が必要なパネルを特定して洗浄を行うとともに、樹木の剪定など原因を取り除くことも重要です。売電単価が下がり、発電量の向上が求められる今、パネル洗浄を積極的に進めていきたいと思います。

リニューアブル・ジャパン株式会社
O&M本部 O&M部長

辻 貴司 氏

HP:www.rn-j.com

 

PV Japanはパネル洗浄業界の
シェアNo.1!!


国内で流通するパネル洗浄機のトップシェアを誇るPV Japan株式会社はパネル洗浄機「PV Cleaner」の開発、製造、販売に加え、2023年12月より新たにパネル洗浄サービスに特化した運営ブランド「太陽光パネル洗浄本舗」を事業開始した。業界最大手のサービスを掲げ全国に対応店舗を設置し、パネル洗浄の市場拡大と再生エネルギー事業の普及に努めている。また、同社ブランドの「太陽光パネル洗浄本舗」は今年2月28日(水)から開催されるPV EXPO2024年[春]東京ビッグサイト展にも出展が決まっており、今後も目が離せない最注目の企業である。

 

問い合わせ


PV Japan株式会社
大阪府大阪市東淀川区瑞光1-12-12 シセイビル2F
TEL:06-6379-3651

PV EXPO【春】に出展!
ブース番号:E7-16


取材・文:山下幸恵(office SOTO)

SOLAR JOURNAL vol.48(2024年冬号)より転載

Sponsored by PV Japan株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 終了】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  3. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  5. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  6. 【2024年太陽光ビジネス】再エネは「長期安定電源」になる! 事業環境の整備に必須のリパワリング...
  7. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  8. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  9. 【地域共生成功モデル紹介】ゼロカーボンビレッジ創出&市民参加型の取り組み...
  10. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ