注目キーワード

政策・マーケット

簡易アセスの導入を合理的に進める3つの方法とは?

簡易アセスを導入すれば、
環境配慮がより進む

日本は一部の大規模事業だけを対象に、精密検査しかせず、簡易アセスによる集団検診をしないから不合理なのです。
太陽光発電も住宅用からメガソーラーまで大小ありますが、いずれも事業者がしっかり簡易アセスを行えば、未然に防げる問題もたくさんあります。

ちなみに、日本のアセスがこのような形となった原因は、1970年代にまでさかのぼります。アメリカでは1970年に世界で初めてアセスが始まりました。日本でも当時公害問題があり、1972年の国連人間環境会議でアセス導入を表明しました。

ところが、翌1973年のオイルショックで、日本政府はエネルギー確保のため、当初はサンシャイン計画と原発推進の2つの選択肢を考えました。結局、原発推進を選択したため、アセスは原発立地の障害になると考え、当時の通産省がアセスの導入を渋りました。
この影響が今日まで続いているのです。

アセスは、現地調査など人間の手によるデータ収集が必要なソフトな産業で、人件費が大きな割合を占めます。企業が自主的にアセス導入を進めれば、新たな雇用も生まれます。また、企業にとっては「環境配慮をきちんとしている」という住民の信頼も得られます。
小規模ならば簡易アセスは億単位の費用は不要です。数十万円から数百万円程度でできるのが大半です。広告宣伝費よりも安く、メディアからも注目されやすいという相乗効果があります。

簡易アセスを導入すれば、環境配慮がより進むでしょう。これは日本社会を「環境民主主義」に大きく変えるチャンスなのです。


原科幸彦氏
千葉商科大学政策情報学部長・教授、東京工業大学名誉教授。東京工業大学理工学部建築学科卒、同大学院博士課程修了後、国立公害研究所主任研究員などを経て東京工業大学助教授、教授。2012年に定年退職し、現職。
取材・文/大根田康介


取材・文/大根田康介

『SOLAR JOURNAL』vol.15 より転載

 

< 123

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. “おうち時間は再エネで” 再エネ新電力に切り替えよう!
  7. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  8. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  9. ファーウェイの住宅用パワコンと蓄電池がJET認証を取得。国内販売をスタート!...
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース