注目キーワード

政策・マーケット

人工的に創られた浮島、ポリネシアの地球温暖化対策

地球温暖化などの影響で海面が上昇し、太平洋の国々は危機に瀕している。そんな中で、人口の浮島を作ることで海面上昇に立ち向かおうとしているプロジェクト、「プロジェ・ディル・フロッタント(フローティング・アイランド・プロジェクト)」が仏領ポリネシアで始まった。

仏領ポリネシア
「フローティング・アイランド・プロジェクト」

地球温暖化のあおりを深刻に受ける太平洋の島嶼国家にとって、画期的な救い手になるか。迫り来る国土の水没に対応するため、人工の浮島を作り、海面上昇の影響を受けない土地を開発しようという世界初の計画「プロジェ・ディル・フロッタント(フローティング・アイランド・プロジェクト)」が南太平洋にある仏領ポリネシアで進んでいる。

2017年1月、仏領ポリネシアと米カリフォルニアの非営利組織(NPO)シーステディング・インスティチュートは、2017年末までに協力して同プロジェクトの法整備を行うという覚書に署名した。同覚書では、シーステディング・インスティチュートに海洋および海底状態を保証する環境アセスメントと、同プロジェクトが仏領ポリネシアに及ぼす経済的利益の分析を義務付けており、それらの調査が完了した後、仏領ポリネシアは人工浮島に伴う特別自治の枠組みを進める予定だ。

シーステディング・インスティチュートは同構想を、そもそもは公海上に新しい共同体を設立し、外界から離れて自由に暮らせる場所として目指していた。しかし外洋と比べ、近海であれば波も穏やかで浅瀬が広がり、技術的なコストを抑えられる。浮島の居住者にとっても、本土との往来および物やサービスを得ることが容易になる。また、ホストとなる国の領海に位置することで、関連した保護や責任と共に、国際的な法律の枠組みを浮島に供給できる。これらの理由から、公海上に作るのではなくホスト国を定め、その国に付属した形で近海においてプロジェクトを進める現在の形になった。

フローティング・シティは居住や観光、ビジネスパーク、研究所という目的以外にも、持続性ある養殖業としての拠点や、太陽光および洋上風力発電を通じたエネルギーの販売といった、新しいマーケットを創出することを可能にする。温暖化への対応策だけでない経済、社会、環境、それぞれの面から大きな利益を、ホスト国へ生み出すのだ。


文/Yukinobu Kato

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 太陽光発電、導入量米国No.1! カリフォルニア州の注目制度、CSIとは
  8. 改正温対法の「ポジティブゾーニング」とは? 許認可をワンストップとする特例も...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース