政策・マーケット

次にくる太陽光ビジネス7つの事例

太陽光発電関連業者の倒産が過去最多と言われている。バブルがはじけて淘汰の時代に突入したと言われるこの業界で、今後考えられる新たなビジネスとは!? 考えうる勝機のある新事業を改めて整理してみた。

乗り遅れるな!
新たなビジネス事例


<ビジネス事例その1>
単純自家消費

太陽光発電の発電コストが電気料金を下回った場合、個別で自家消費することが当然望ましくなる。経済性が成立する範囲で小規模の蓄電池を設置し、電力系統への逆潮流量を減らすことが主流になるだろう。


<ビジネス事例その2>
FIT終了案件買取事業

2019年頃から住宅用の10年間のFIT制度終了案件が出始める。これらを新電力が買い集める(アグリゲート)ことで収益を生み出す可能性がある。


<ビジネス事例その3>
第三者所有(TPO)+電力小売事業

個人住宅の屋根を借りて太陽光発電システムを設置し、その住人の電力供給を担うビジネス。彼らが支払う電気料金で、太陽光発電システム設置のコストを賄う。住人は資産を保有する必要がなく、初期投資も不要となる。米国では10年前から普及しているモデルだ。

<ビジネス事例その4>
太陽光発電+デマンド・レスポンス事業

空調機器、食洗機、ヒートポンプ給湯器、電気自動車充電などを能動制御するビジネス。「節電」のみで、太陽光発電の安価な電力を効率的に消費するさせる。


<ビジネス事例その5>
蓄電池+太陽光アグリゲート事業

既設の太陽光発電や蓄電池をアグリゲートすることで需給調整を行って、近隣住民へ供給するビジネス。周波数調整、無効電力供給なども担うことで収益を得る。


<ビジネス事例その6>
スマートコミュニティ事業

地域全体で発電・需要を最適制御、コミュニティ内で発電量とエネルギー貯蔵を相互融通するビジネス。太陽光発電量が多い時にコミュニティ内へ電力供給し、需要を能動制御して最適化を実現させる。

<ビジネス事例その7>
ソーラーシェアリング

農業をしながら発電を行い、農業収入と売電収入のダブルインカムを実現するビジネス。農家経営の安定化・ 高収益化が望まれ、近年注目されている。

ソーラージャーナル主催 第5回PVビジネスセミナーでは、ソーラーシェアリングに関する情報も提供します!

 

出典

(株)資源総合システム・大橋孝之 「太陽光発電システム市場における新しい事業展開」(2017年7月)

※事例1〜6までが、株式会社資源総合システムによる報告です。

 

 

関連記事

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース