政策・マーケット

世界の再エネ設備容量は累計2,000GW超え!

REN21が公表した再生可能エネルギーに関する年次報告書によると、2016年の再エネ発電設備の導入量は史上最大となった。

2016年の再エネ導入は推定161GW
日本の太陽光発電は累計で世界第2位に

REN21が6月に発表した世界の再エネ市場の動向をまとめた年次報告書「GSR2017」(RENEWABLES 2017 GLOBAL STATUS REPORT/再生可能エネルギー世界白書2017)によると、2016年の再エネ発電設備の追加容量は推定161GWで、年次単位で史上最大となる容量が導入された。なかでも、太陽光発電は最も多い約75GWを占めており、全体の約47%に相当する設備が導入された。

これにより、世界全体の累計設備容量は約2,017GWとなり、2015年の終わりから2016年にかけてなんと約9%も増加したことになるという。

日本の太陽光発電をみてみると、2016年に導入された太陽光発電の設備容量は累計で42.8GWに達し、世界第2位となった。また、太陽光発電導入に関する投資額では世界第3位にランクインしている。

世界も日本も、再エネは驚異的な速度で拡大を続けているのだ。


HP:REN21

関連記事

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. JPEA、太陽光の「主力電源化」と「2019年問題」を語る
  3. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  4. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?
  7. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  8. クラウド蓄電池とAI家電の連携で自家消費に先手を!
  9. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  10. 7/26開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
Intersolar Europe

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.25 / ¥0
2018年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース