政策・マーケット

発電事業のノウハウ生かし、イチゴ栽培事業を開始!

イチゴ栽培の事業を始めると発表した、東京電力フュエル&パワー。発電事業を行ってきた企業ならではの、「エコファーム」事業とは?

エコファーム事業
六次産業も視野

東京電力フュエル・パワー株式会社(TEPCOFP)が、これまで発電事業において蓄積してきたノウハウやアセットを活用し、エコファーム事業を始めると発表した。2018年2月以降、イチゴの通年栽培を開始し、ゆくゆくは販売やイチゴ狩りなどの六次産業まで実施予定だという。

園芸施設はオール電化で、環境負荷低減を目的とした農業排水や、イチゴに与える養分を循環させる液肥のリサイクルシステムを採用する。温湿度等の環境制御を自動化したこの園芸施設で、発電事業で培った機器の制御技術を活用しつつ、通年栽培を行っていく。また、イチゴ栽培のノウハウを有する企業と協力し、事業領域を拡大することも視野に入れている。

生産規模は約3,000㎡、定植数は約2万株で、生産量は年間約10トンを目指す。

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 温室効果ガス排出量は2018年度も減少! 国内企業の脱炭素化も、より活発に...
  7. 初期費用ゼロで「防草シート」を敷設できる。 低圧太陽光向け、最長15年クレジットプランとは?...
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース