政策・マーケット

企業・自治体の再エネシフトを後押し!「電力調達ガイドブック」が無料公開

海外の名だたる企業や自治体が積極的に取り入れている自然エネルギー。日本では依然として高コストなイメージがあるが、今月、今よりも利用しやすくするための「ガイドブック」が自然エネルギー財団により公表された。これを読めば自然エネルギーに対するイメージが変わる!?

世界的に推奨される自然エネルギーを
取り入れやすくするために

現在欧米の有力企業を中心に、太陽光や風力、地熱といった自然エネルギーの利用に対する取り組みが活発化している。日本においても、国内の投資家が自然エネルギーの利用状況を投資判断に加えたり、海外の取引先が日本企業に自然エネルギーの利用を求めるなど、世界的にも電力を自然エネルギーへと移行する動きが広まっている。

一方で、日本では今のところ自然エネルギーの発電コストが高く、大口の電力ユーザーである企業や自治体が、望むような形で利用できないという状況にある。

こうした現状の中、公益財団法人自然エネルギー財団は、企業や自治体がより効率的に電力を調達するための「電力調達ガイドブック」を2018年1月19日に発行した。

自然エネルギーのメリットや調達法、
海外の評価制度がわかる!

今の時点では経費がかかるイメージの強い自然エネルギーだが、今後は発電コストの低下が進み、自然エネルギーの電力を安く調達できる手段が増えることが予想される。

ガイドブックでは、自然エネルギー利用のメリットを整理しながら、企業や自治体が自然エネルギーを利用するための、具体的な調達方法について事例を交えて詳しく説明。
さらに、自然エネルギーの電力を認定・評価する海外の制度についても紹介している。

自然エネルギーに関する世界の動きがわかるガイドブックは、下記より誰でも閲覧可能だ。

DATA

「電力調達ガイドブック」全文(PDF)

関連記事

アクセスランキング

  1. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  6. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース