政策・マーケット

2018年度も注目の太陽光発電「入札制度」とは?

2017年度よりスタートした大規模太陽光発電の入札制度。第1回目の結果を受け、早くも詳細制度設計の見直しが検討されているが、そもそも太陽光の入札制度とはどのようなものなのか? 概要をおさらい。

いまさら聞けない
「入札制度」って何?

そもそも太陽光の入札制度とは、どのようなものなのか? その概要をおさらいしておこう。

対象となるのは2MW以上の大規模太陽光発電設備。あらかじめ日本全体で合計何MWの設備容量を認定するか(募集容量)を決めておき、その容量いっぱいになるまで、入札価格の安い順に落札されるという仕組みだ。落札価格はそのまま、その事業計画に対するFIT価格となる。太陽光発電の価格に競争原理を持ち込むことで、コスト低下を促そうという狙いから導入された。

2017年度に1回、2018年度に2回の入札を実施することが決められており、第1回目の募集容量は500MWとされていた。

入札のイメージ 出典:資源エネルギー庁


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  8. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  9. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  10. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース