政策・マーケット

米トップシェア架台メーカー、工事コスト大幅減で勝負

全世界で毎年1GW以上の架台を供給し、アメリカではトップシェアを誇る架台メーカー、RBI SOLAR株式会社。今回は取締役副社長である富所孝平氏に、これからどのように太陽光発電ビジネスを発展させていくのか語ってもらった。

H鋼一本足架台で
日本のPV市場に貢献

私たちRBI SOLARは、アメリカに本社をもつ太陽光発電所用架台メーカーです。近年は毎年、全世界で1GW以上の架台を供給しており、アメリカではトップシェアを誇っています。日本では2013年から活動していますが、弊社架台ならではの特長がこれからますます活きてくるものと確信しています。

その最大の特長は、地面形状に合わせて設置可能な架台デザインにより、土木工事のコストを大幅に削減できるところにあります。部材には20年間という長期保証がついています。また、杭には強靭なH鋼を使用しているので、杭の数を減らした一本足架台も安心して施工することができます。これにより材料費が抑えられ、 施工スピードを向上させることも可能になるのです。

さらに弊社は、設計・製造だけでなく施工まで一貫して行っており、その品質と信頼性には絶対の自信をもっています。 日本では、太陽光発電に適した平地は少なくなり、これからは傾斜地への設置がポイントになってくるでしょう。弊社では、20-25度の傾斜地にもスピーディーに施工可能な大型杭打機を開発し、こうした日本独自のニーズにもお応えしています。

世界での豊富な実績を礎に、RBI SOLARは日本のお客様に最適なサービスをご提供いたします。

※画像はイメージです。


取材・文/廣町公則、大根田康介

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  8. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  9. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース