編集部からのお知らせ

福建省で最大規模・32年の歴史! ソーラーシェアリングに重要な架台にFOENが選ばれる理由

パネルの下で営農するソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)において、架台の選択は重要だ。高品質のアルミ製架台を提供する「FOEN」のソーラーシェアリング用架台に注目が集まっている。

アイキャッチ:FOENの架台を採用した韓国のソーラーシェアリング。

 

ソーラーシェアリングを
高品質なアルミ架台で支える

1988年に設立され32年の歴史をもつ福建奮安(FOEN)グループは、5億人民元の資本金を有する、中国におけるアルミ型材分野のリーディングカンパニーだ。

のべ面積133万㎡に達する複数の工場には70もの自社生産ラインがあり、軽量、高強度、高耐腐食性など多くのメリットを持つ製品を生み出している。福建省・厦門の他の架台メーカーが創業10年程度、生産ラインが10ほどであることと比べ、歴史・生産能力で圧倒している。

窓などの建築分野へのアルミ・スチール製品の提供のみならず、太陽光発電の架台も提供。架台のOEMサービスも行っている。厦門の架台メーカーの大半がFOENからアルミ素材を購入しており、今後は日本企業へもアルミ素材を提供していくという。

野立て・屋根上やカーポートなどラインナップは幅広く、スクリュー杭も提供。特に注目なのが、ソーラーシェアリング用架台だ。

農業収入に売電収入を加えることで安定的な経営が実現できるソーラーシェアリングは、日本の農業を変えるソリューションとして注目を集めている。田んぼや畑などに支柱を建て、上部空間に太陽光発電パネルを設置するため、架台の選定は極めて重要だ。

FOENは、農業機械のスムーズな行き来やシステムの十分な収益性を確保するために、架台の高さや遮光率、設置範囲など、設計条件を十分に考慮したうえで、案件ごとに最適なソリューションを提供する。工場での事前組み立てによって現場での組み立てを簡素化し、工期を短縮し施工コストを削減。FOENならではの高品質なアルミ製で、耐用年数は20年以上、15年間の品質保証がついているため、安心して採用できる。アルミ部材を完全にリサイクルできる点も“再生可能”エネルギーのコンセプトに合致している。

これからソーラーシェアリングをはじめるなら、ぜひ検討したい架台メーカーだ。
 

ソーラーシェアリング用架台
AGシリーズ


※三角架台仕様

完全にリサイクルできる高品質なアルミ6005-T5とステンSUS304を使用。工場内で製品を事前に組み立てることで現場での組立作業を簡単にし、工期短縮とコストダウンを実現。

あらゆる方向での調節が可能で、アレイの安定性と美観も支える。耐用年数20年以上で15年間の品質保証だから、長期的に安心して使用できる。

AGシリーズの特長
●高品質なアルミ製 ●すぐれた施工性 ●フレキシブルで安定性抜群 ●完全リサイクル可能 ●15年間品質保証

 

 

お問い合わせ

奮安(FOEN)厦門事務所


中国・福建省にあるFOEN本社ビル

中国福建省厦門市集美区杏林湾 商務運営中心10号ビル1103室
TEL:0086-592-6225881
FAX:0086-592-6225882
E-mail:solar@fenan.cn(日本語可)

問い合わせの際は、「SOLAR JOURNAL(ソーラージャーナル)を見た!」とお伝え下さい。 
 


SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

Sponsored by FOEN

 

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【終了】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  5. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  6. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  7. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  8. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  9. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  10. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ