注目キーワード

政策・マーケット

ハイブリッドな空の旅を! イスラエル企業が世界初「電気飛行機」を開発中

自動車の動力が燃料から電気(EV)へとシフトしているように、次は"ジェット機"にも電動化の時代が訪れるかもしれない……。イスラエルのスタートアップ企業が、世界初となる電気モーター飛行機「アリス」の開発を進めており、2021年にもローンチ予定だという。

もうすぐフライトも電動の時代
イスラエルの小型飛行機アリス

電気飛行機が将来の空路のスタンダードになるかもしれない。

イスラエルのスタートアップ「エビエーション」が開発を進める「アリス」は、ジェットエンジンの代わりに電気モーターを用いたゼロエミッション飛行機だ。

9人乗りの短距離用の通勤機で、時速240ノット、650マイルまでの距離を航行できる。

従来のジェットエンジンを使う飛行機より運用コストも安く、低騒音、サステナブル。2021年のフライトを計画中だ。

<Eviation>www.eviation.co
©Soochuw University ©Eviation


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 雑草対策の切り札「防草シート」の性能を支える施工品質へのこだわりとは?...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 2020年はコロナによる影響も? 世界の太陽光発電導入量に関する見通し
  4. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  5. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 「発電側基本料金」、FIT買取中でも価格上乗せ 小売との相対で調整
  9. 業界初! ソーラージャーナル主催 「オンライン展示会&カンファレンス」開催中!...
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース